引っ越しラクッとナビ

コンシェルジュからのお電話1回だけでラクっと料金比較!
カンタン引越し見積りは引越しラクっとNAVI

マイページ
引っ越し面白ネタブログ

3/1の読売新聞で、取り上げられました!(ちょこっとね)2018年の繁忙期の混雑状況報告と合わせて

« »

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。

昨日のエントリーでも書きましたが、引越し難民の記事が増えてきました。今日も、読売新聞の「くらし」面において、引越しの記事が書かれていました。内容は、日本通運とヤマトホームコンビニエンスの単身パックや、アート引越センターの「レディースパック」「シニアパック」という、引越会社のそれぞれのサービスについて紹介されていました。

そして、その後に書かれたパートでは、引越しの見積もり比較サイトについても書かれています。その中に書かれた一部を転載しますと

通常は見積もり後、個別に運送業者と交渉をしないといけないが、引っ越しサポート会社「リベロ」(東京)が2015年5月に始めたサイトでは、複数の業者とのやりとりを一括で代行してくれる。

紙面という、限られた文字数の中で、的確な説明をしていただき、ありがたいです。できれば、引越しラクっとNAVIの名前も出してもらえれば嬉しかったのですが、文字数が多いから、カットされた可能性がありますね(笑)

引越し比較サイトの記事のあとは、引越安心マークについて紹介されていました。この引越安心マークについては、僕たちのサイトでも、書いていますね。

というわけで、やったー!リベロが全国紙に掲載された!という感じで終えようかと思いましたが、これで終わっても申し訳ないので、最新の引越し状況をお伝えします。

単身パックは手配できない

いきなり、冷や水を浴びせるようですが、3/1現在では、最繁忙期の単身パックはすでに受付ストップしている可能性が非常に高いです。僕が色々と確認したところだと、4/10までの単身パックについては、もう受付ストップな状況で、それ以降の日程でも、いつストップするのか、わからないような状況です。

引越し会社へ見積もりを出してもらって、高い!!と目が飛び出たユーザーが、荷物を減らして単身パックへ流れているようです。もともと、すぐに埋まってしまう単身パックですが、今年はさらに早く埋まってしまいました。

せっかく、安く抑える手段として存在するのに、すぐに売り切れてしまうと、利用したくてもできない状況になってしまい、単身パックありきで考えている人にとっては、辛い状況になっています。

今、厳しいエリアはここだ!

続いて、我々、株式会社リベロが独自で調べた厳しいエリア情報です。基本的には、引越し会社の社数が少ないエリア(地方部)は、厳しい状況になりがちです。今年の今の状況をお伝えします。難易度は当社が勝手に判断しています。10段階評価で、10が一番厳しいです。また、時期は全て繁忙期の4/10ごろまでを想定しています。

難易度【8】:北海道(札幌以外)
難易度【8】:宮崎県
難易度【8】:離島
難易度【7】:長野県
難易度【6】:北陸三県(石川、富山、福井)
難易度【6】:山梨県
難易度【6】:沖縄県

今後、厳しくなることが予想される地域は、

中部地方(依頼数が増える)
東北地方(引越し会社が少ない)
山陰地方(引越し会社が少ない)

と、予想しています。毎年、中部と東北は慢性的に厳しい状況が続いているので、今年も例に漏れず、厳しい状況が続くでしょう。

今、厳しい引越し会社はここだ!

引越し難民という言葉が浸透し始めた結果、1社に任せることが不安になって、見積もり依頼を複数社にとる人が増えました。その結果、引越し会社は見積もり対応件数が増えて、受付部門がパンクしています。

例えば、10,000人が平均3社へ見積もりをとると、総見積もり数は、30,000件になりますが、これが5社に増えるだけで、20,000件の見積もり作成の作業が増えます。今年は不安からか、一人当たりの見積もり依頼社数が増えている傾向にあり、これまでは敬遠されがちだった、中小企業の引越し会社への見積もり依頼が増えています。

その結果、前述のような、見積もり部門がパンクをしている状況になっています。僕たちは、普段から毎日なんどもやりとりをしているので、担当者の携帯電話などを知っており、直接連絡をとることができますが、引越し会社のコールセンターに電話をしても、全然繋がらないとか、法人窓口の連絡先に電話しても、そもそも繋がらない(回線がパンクしている)状況に陥っています。

とはいえ、見積もりを取るためだったり、手配した引越しの確認だったりで電話をしているのに、繋がらないというのは、利用者からするとたまったものではありません。引越し会社も人員増強していますが、それ以上に今年は、見積もり提出を含めた、手配が追いつかない状況です。

というわけで、どこが厳しいというよりも、ほぼ全ての引越し会社がパンク状況なので、利用者としてはいくつも代替案を用意しつつ、引越し会社を絞って交渉していくなどの自衛策が求められます。

どうにもならない引越しに対する、最終手段

去年もお伝えした方法は、いまだに有用です。

このエントリーでは、赤帽を使おう!ピックゴーを使おう!宅配便を使おう!という三段構えでした。つまりは、荷物を小分けにして運ぼうということです。どうしても大型の家具家電については、難しいのですが、そちらはヤマトの家財宅急便を利用する方法があります。(この時期に運んでくれるかはわかりませんが。。。)

どうしても、難しい場合は友人知人親戚にお願いして、大型の家具家電を預かってもらい、後ほど引越し会社にピックアップしてもらう。という手段で乗り切るしかないかと思われます。

それにしても、今年は本当に厳しいです。。。また、厳しいエリア情報は、続報をお伝えしますね。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

これはびっくり!家ごと引越しをする国があった。

こんにちわ。引越しラクっとNAVIの横川です。つい先日ですが、テレビで他国のお引越しについて、紹介されていたようです。 僕はその番組を見ていないのですが、その国は、ニュージーランド ···続きを読む

高層マンションの高層階は節税に役立つ?住んだ時のメリットデメリット

今日は、高層マンションについて考えてみます。 節税対策で購入される高層マンション 最近、高層マンションの上層階を節税対策で購入する富裕層が増えているようです。具体的には相続税の節税 ···続きを読む

出張をすると仕事をした気になるのが辛い。

こんにちわ。引越しラクっとNAVIの横川です。 今月は、出張ばかりで全然東京にいません。どのくらいかというと、月の半分も関西地方に滞在しています。 時には、朝6時の新幹線で日帰りを ···続きを読む

一括見積もりだけじゃない!独自に展開する見積もりサービスを調べてみた。

こんにちわ。シルバーウィークいかがお過ごしでしょうか?ボクは通常営業中です。ありがとうございます。ちょっと前のエントリーで引越しの見積もりは進化してない!なんて、書いちゃいました。 ···続きを読む

転んでもタダでは起きないぞ!テレビでは10秒の放送だったけど、裏側でかけた2時間を大公開

どうも、昨日の夜は、盛大にコケました(笑)というだけだと、意味がわからないと思うので、簡単にお伝えしますと、 ・木曜日にテレビ取材の依頼が来た ・金曜日に取材を受けた ・日曜日に放 ···続きを読む

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
電子書籍プレゼント!
マンガで分かる引越しのコツらくっとシスターズ

役に立つ引越し情報をお届けします!

LINE@ 引越しラクっとNAVI

スマホの方は
QRコードを
読み込んですぐに友だち登録が完了!

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

新着記事

引越会社に聞いた、2019年も #引越し難民 がなくならない3つの理由と3つの対策
2018年、メディアを騒がせた「引越し難民」というキーワード。その名の通り、引越しがしたくても引越会 続きを読む
20秒でわかる!?『引越しラクっとNAVI』の歴代お役立ち&おもしろ動画たち
すっかりお久しぶりのブログになってしまいましたが、ついに! 引越しラクっとNAVIのサービス紹介動画 続きを読む
【12/29~1/3】サポートセンター 冬期休業のお知らせ
当サービスのサポートセンター冬期休業のお知らせです。 引越しラクっとNAVI・転勤ラクっとNAVIの 続きを読む
【PR】生きるということは、いろんな荷物を背負うこと
こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。 みなさん、生きてますか 続きを読む
その防災グッズ、あなたにとって本当に必要?100円ショップでオリジナル防災セットを作ってみた【2018版】
2018年9月現在思うこと。今年は『災害が非常に多い!』 1月~3月 記録的大雪(珍しく東京に大雪が 続きを読む
引越し完全マニュアル
ページトップ