なぜLINEモバイルは牛丼を配らないのか。LINEモバイルへ引越しをして感じた景色の違い

LINEモバイル開通しました。結論的には、

 

 

めちゃラク。

 

 

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。

先日、牛丼もらえなかったから、MNPだ!と騒いでいましたが、実際に実行に移しました。そこで感じたのは、2つのキャリアの立場というか、立ち位置の違いです。うまく書けるかどうかわかりませんが、ご紹介です。

とはいえ、まずはLINEモバイルへMNPした流れや、実際のスピード、料金などをまとめてみましたので、ご覧ください。

開通までを時系列にご紹介

0311012

僕は、白い犬の通信キャリアからお引越しをしたのですが、電話によるMNP番号を取得する必要があるのですが、MNPの番号を取得するのに、電話で連絡しなくてはならないので、土日は特に待たされるので、ちょっと時間がかかります。

とはいえ、それさえクリアしてしまえば、webから申し込みをして、開通までは、4日間でした。

 

1日目(土曜日)

平日は忙しいので、土曜日に申込をしました。
申込は、名前や住所やMNP番号(MNPする場合)など、一般的な内容に加えて、本人確認書類が必要になりまして、それをアップロードする必要があります。まあ、免許証などを写真で撮ってアップロードするだけですけどね。

 

2日目(日曜日)

「契約成立のお知らせ」が届く。

申込をして、不備がなければ翌日には契約成立となりました。さらに、「SIMを発送しました。」というメールも届くので、驚きの速さです。

 

3日目(月曜日)

郵送でSIMが届く。お家に届くので、帰宅後に受け取ることができました。僕の場合、帰宅後ではMNP開通窓口が営業時間が終了していたので、翌日へ持ち越しです。MNPじゃない人は、この日に開通しそうですね。

 

4日目(火曜日)

仕事の合間に開通窓口へ連絡して開通。ものの1時間で切り替わりました。

 

といわけで、土曜日に申込をして、火曜日に開通するというスピードにはびっくりです。MNPのように音声付きの場合、データのみのSIMに比べて、開通が遅いという情報もあったので、1週間くらいは覚悟していましたが、まさかの開通速度でした。(笑)

SIMの受け取りがうまくできれば、申込から3日で開通もできるでしょう。木曜日に申込みをすると、土日にSIMが届く可能性が高くなるので、最短での開通ができるかもしれません。

SIM到着後にすることは、APNの設定だけ

0331011SIMが届いて、開通窓口へ連絡をすると、することは、APNの設定だけです。

とはいえ、Androidでも、iOSでも簡単です。iOSの場合、WiFi経由で、APNの設定をダウンロードすることになるので、WiFi環境があった方がいいかもしれません。

本当、やることはこれだけ。楽チンです。

LINEの設定などは変更する必要があるのか?

ありません。

そのままで今まで通り使えますし、トークや友達もそのままです。機種を変更したわけではなく、通信キャリアを変更しただけなので、今までと何も変わりがありません。

速度は速いのか?

渋谷(宮益坂上)で定点観測してみました。

11月6日(水)09時48分 10.56M
11月6日(水)13時27分 10.67M
11月6日(水)16時53分 13.94M
11月6日(水)20時51分 25.35M

0331015

特に遅いということもなく、安定して速度は出ている感じがします。(2016年11月時点の話)25Mも出ると、十分ですよね。まあ、回線の速度の話はもっともっと利用者数が増えた時に、どうなるかでしょうね。

料金はどうなったか

以前の僕の携帯料金は、約10,000円でした。

0331013
(マイソフトバンクより)

まだ、iPhone5かよ!と言われそうですが、実際にはSIMフリーのiPhone6を使っています。通話料金が270円なのに、とある理由で昔から契約していたWホワイトを外していません。だって、店舗行くの面倒なんだもん。。。

 

LINE mobileに引越しをすると、概算ですが、ほぼ通話していないので(LINE通話とかが多い)料金は、3,800円ほどと予想。

0331014

内訳:2,640円(データ容量)+通話オプション(+580円)+通話料(500円)(白い犬の倍の単価として)=3,720円

 

僕は、10Gのプランを申し込んでいるのですが、家でも職場でもWiFi環境にあるので、そこまではいらなそうな感じ。一番安いプランにすると、ここから-1,500円なので、2,200円くらいで利用できそうです。

今回はかなりボリュームのあるプランを選択したとはいえ、それでも毎月、約6,000円も安くなるなんて、無料の牛丼に釣られて残らなくってよかった(笑)

管理がラクっとなると気分がすっきり

このご時世、店舗に行かないとプラン変更ができないとか、ありえない。 と個人的には思っています。

必要な時に、ネットでポチッとできる方が、圧倒的に利便性が高いのですが、不要なオプションで利益を上げようとすると、勝手に解約されないために、わざわざ店舗まで足を運ばせるんでしょうね。僕は思う壺で、店舗に行くのが面倒だったので、不要なオプションを付け続けていました。

で、LINEモバイルだと、管理画面があって、そこでオプションの追加や、データ容量の追加なんかが簡単にできるので、ラクっとなります。

あとは、個人的にもどのくらいのデータ使用量なのかを、マイページで簡単にチェックできるのは、すごく嬉しいです。

0331016
(LINEモバイルマイページより)

こんな感じで、ドーンと表示されるので、後どのくらい利用できるのかをいつでもチェックできます。

っていうか、10ギガも絶対要らなかったな。。。何ヶ月かチェックしたら、適正なプランにしよう。

同じサービスでも立ち位置が逆

とまあ、こうやって見ると、LINEモバイル最高!っていうPR記事っぽくなるんですけど、1円も貰っていません。(笑)

で、僕が2つのキャリア間を移動して感じたのは、「企業の立場に立つ」のか、「ユーザーの立場に立つ」のかということ。

例えば、プラン変更をするために、わざわざ店舗へ来させるのか、ユーザーが簡単に設定できるようにするのか、という運用方法の違いは、同じ「プラン変更」ですが、全く逆の立場に立った運用になっています。

企業の立場に立つユーザーの立場に立つ
プラン変更店舗で解約防止いかに簡単にプラン変更できるか
利益分配牛丼で還元月額料金で還元
端末SIMロック自由に選べる
他社への流出防止策高額な違約金ユーザーに支持されるサービス

現状でいうと、老若男女、法人個人が入り乱れる、大手通信キャリアと、MVNO事業者では、ユーザーの知識レベルが違うので、ひとくくりにはできませんが、この先、MVNO事業者がどんどんシェアを伸ばしていって、店舗が要らなかったり、ネット上で簡単にプラン変更が当たり前の時代に入ると、面白いんですけどね。

 

実は、引越しの一括見積もり業界でも、全く同じことが起こっています。

・少しでもサービスをよく見せて、ただ単に個人情報を転送するサービス
(企業の立場に立った運用)

・ユーザーの相談に乗りながら、希望の引越し会社から簡単に見積もりを取るサービス
(ユーザーの立場に立った運用)

この二つのサービスは、同じ引越しの一括見積もりサービスですが、全く逆の運用になっています。

引越し一括見積もりサービス企業の立場に立つユーザーの立場に立つ
見積もり依頼たくさんの引越し会社へ取次で手数料収入を上げるユーザーの希望の引越し会社へ取り次いで満足度を上げる
仕組み極力人件費をかけない必要な場面ではサポートセンターを用意して満足度を上げる
収益上がりやすい上がりにくい
ユーザーの満足度不明高くなる!・・はず

というわけで、LINEモバイルさんは、牛丼やアイスクリームなどの餌で釣ることなく、儲かりすぎたから、家族割するわ。みたいなこともなく、

ユーザーが求めるサービスを提供する という、ユーザーの目線でサービス運用をされているのではないでしょうか。

 

業界は違いますが、僕たちも、キャッシュバックなどの餌で釣ることなく、ユーザーが求めるサービスを提供する企業として選ばれるように、引越しラクっとNAVIを育てていきたいと思います。

まとめ

というわけで、LINEモバイルはウェブから申し込みをして、SIM差し替えて、APN設定するだけで、年間で7万円以上も浮くなんて、夢のよう。

しかも、twitter、Facebook、Instagram、LINEはすべて使いたい放題なので、お家にWiFiが飛んでいる人は、全員LINEモバイルにしてもいいくらいじゃないかと。

もう少し使ってみないと、本当の意味でのレビューはできないと思いますが、とりあえずLINE mobileの申し込みから開通までのハードルは非常に低いことがわかりました。

一番、悩むところは、自分は何ギガの契約がいいのか?というところですが、2016年12月31日までの申し込みで、毎月3ギガプレゼントキャンペーンをやっていますので、とりあえず、安いプランで申し込んで、様子見をしてもいいと思います。僕はキャンペーンの存在を知らずに、普通に10ギガも申込んじゃいましたけどね!

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

著者投稿者 横川
ページトップ