年間1位の“超”繁忙期!3月の引っ越しのおすすめポイント

1年間の中で最も引っ越し業界が混み合う3月、新生活のためにこの時期に引っ越しを検討している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

3月は年間の中でも最も引っ越し料金が高くなる時期ですが、ちょっとした工夫や努力をすることで、料金が安くなる可能性もあります。

この記事では、3月の引っ越し事情や得をするために知っておきたいこと、そしてこの月に引っ越しをするメリット、デメリットなどについてお伝えしていきます。

引っ越し見積もり料金 簡易シミュレーション

  • 1引っ越し時期
  • 2移動距離
  • 3引っ越し人数
\
平均
 円
最安値
 円
最高値
 円
  • ※引越しラクっとNAVI ® の実際の引っ越しデータから算出しています。
    期間:2017年1月~2019年6月実績
  • ※引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。
    お引っ越しの際には、見積もり取得をお願いします。

3月の引っ越し事情

それではまず、年間を通して最も引っ越し業界が忙しいと言われる3月の引っ越し料金相場が、他の月と比べてどのようになっているか見てみましょう。月ごとの平均料金がこちらです。

1人 2人
1月 平均61,978円 平均96,401円
2月 平均46,592円 平均91,938円
3月 平均107,927円 平均208,244円
4月 平均80,069円 平均102,780円
5月 平均57,379円 平均108,753円
6月 平均56,788円 平均98,846円
7月 平均58,474円 平均128,002円
8月 平均44,482円 平均87,276円
9月 平均54,350円 平均76,111円
10月 平均48,679円 平均66,676円
11月 平均44,768円 平均65,555円
12月 平均50,058円 平均55,885円

※引越しラクっとNAVIでの引っ越し実績データ(2017年1月1日~2019年6月30日)がもとになっています。
※引っ越し見積もりは諸条件で変動しますので、実際の料金は見積もりをとって確認してください。

なお3人以上のお引っ越しについては、条件によって料金が大きく変動しますので、下記フォームからお問い合わせください。

無料お見積もりのお申込み:引越しラクっとNAVI

3月の引っ越し料金は高い!

ご覧の通り3月の引っ越し料金は、いわゆる「引っ越し繁忙期」の価格となるので、相場としても1年を通して最も高く、弊社データによればお一人での引っ越しの場合、年間を通じて唯一の10万円越え!2名の場合も同じく年間で唯一20万円越えとなっています。

とはいえ同じ月の中でも料金の高低差はあり、入学や転勤で引っ越しをする予定の方には少し早い時期である3月の上旬は、中旬以降に比べると多少安くなる可能性はあります。少しでも安く3月中に引っ越しをしたい方は、上旬までに引っ越しを済ませることを検討してください。

3月の引っ越しが高い理由

それではなぜ3月の引っ越しはここまで料金が高いのでしょうか?

3月から4月にかけては進学、就職、転勤などの理由で、急激に引っ越し件数が増加します。弊社データでは、1年の引っ越し件数のうち約36%がこの2ヵ月に集中しています。

引っ越し料金は需給の関係で変動する「時価」ですので、簡単に言えば引っ越しの件数が増えれば料金がアップし、逆に件数が減れば安くなります。

イメージとしては、航空券や旅行代金が、お盆やお正月休みに高くなるのと似ており、これはUSJでも採用されている「ダイナミックプライシング」という価格戦略に準じていると言えます。

3月中旬からは“超”繁忙期!

ただでさえ料金相場の高い3月ですが、中旬以降になると学校が春休みに突入することもあり、入学や転勤に合わせて引っ越しをする方が一気に集中します。このため、3月の中旬以降から4月の上旬までは「引っ越しの“超”繁忙期」へと移行していくことになり、引っ越し料金も上旬に比べ値上がりしていきます。

引っ越し会社は新規の予約を取れないほど忙しくなるため、3月の中旬以降の引っ越しを検討している方は繁忙期に入る前に引っ越し会社への予約を入れていくようにしましょう。

賃貸不動産業界も大忙し!

また、賃貸住宅情報サービスを手掛ける株式会社CHINTAIが運営する「Woman.CHINTAI」によれば、3月は翌月からの新生活のため、最も引っ越し会社が忙しくなる月であるとして、以下のように説明しています。

(3月は)翌月からの新生活のため、最も引越し業者が忙しくなる月です。メジャーな引越し業者では、平日であろうと調整が難しくなっています。物件探し状況もそろそろ落ち着いているかと思いきや、駆け込み需要や入居対応が多いため、不動産会社もばたばたしていることが多く、じっくりお部屋探しをするのが向いている時期とはいえません。

対策としては、不動産会社の開店時間や午前中を狙って入店すれば比較的空いている場合もあるそうです。どうしても3月中に物件を見つけなければいけない事情がない限りは、3月中の物件探しは控えたほうがいいかもしれませんね。

引越し時期は6月がおすすめ? 1年で最もお得になる理由とは【月別解説付き】 【Woman.CHINTAI】 

3月の引っ越しのメリット・デメリット

引っ越しが集中してしまい料金が高くなる3月ですが、実は繁忙期に引っ越すことでのメリットも、わずかながらあります。

ここからは、3月の引っ越しのメリットとデメリットについて説明していきます。

3月に引っ越しをするメリット

  • 生活家電のまとめ買いセールが利用できる

正直なところ3月の引っ越しをおすすめする積極的な理由はほとんどありませんが、家電の新規購入を見込む電気量販店がセールを開催していることが多いことは、数少ないメリットと言えるでしょう。

中でもヤマダ電機、ケーズデンキ、ヨドバシカメラといったいくつかの大手は3月を決算期に設定しているため、いわゆる「決算セール」が行われます。

新生活に向けた家具や家電のセットなども販売されるため、お得な価格で生活用品を揃えることができます。

3月に引っ越しをするデメリット

  • 引っ越し費用が高い
  • 物件の空きが少ない
  • 手続きを行う役所が混雑

繰り返しになりますが、3月は引っ越しのニーズが急激に増えるため、どうしても料金が高くなります。その上げ幅も尋常ではなく、前月である2月と比べると2倍以上の金額になります。

また不動産会社にとっても繁忙期となるので、物件をゆっくりと探すことが難しい時期です。どうしても3月中に引っ越したい方はかなり早めに物件を探し始めるようにしましょう。

もう一つ留意しておきたい点として、転居・転出・転入などの届けを行う役所も大変混み合います。待ち時間は覚悟して時間に余裕を持って行くようにしましょう。

3月に引っ越しをする際に気をつけるべきポイント

  • 引っ越し予約は早めに!
  • 賃貸の退去日には十分注意を
  • 役所手続きは時間に余裕を持って臨もう

引っ越し予約は早めに!

3月は引っ越しの予約が取れないほどの繁忙期です。見積もりですらお願いできないほど混み合う可能性がとても高いので、3月に引っ越しの予定がある方は、できるだけ早め(できれば2月の前半)に見積もりをとって予約をするようにしましょう。

賃貸の退去日に注意

旧居の退去日を決める際は、完全退去までの時間に余裕を持ったスケジュールにしておくことが大切です。引っ越し会社が決まっていれば問題ないのですが、万が一、どの会社にも断られてしまった場合、期日までに部屋を明け渡すことができない可能性があります。

その場合、例えば退去日から1日超過するごとに日割家賃の何倍かを損害金として支払わなければならなくなったりと、余計な出費がかさむ可能性も。

もし退去日までに引っ越し会社が決まらなそうであれば、早い段階で大家さんや不動産会社へ相談してみましょう。

役所手続きは時間に余裕を持って

デメリットの項でも触れましたが、この時期は各自治体とも転入・転出の件数が多いため、役所の窓口がとても混み合います。引っ越しにあたっては役所で下記のような手続きが必要ですが、長時間の待ち時間が発生しても良いように予め準備しておきましょう。

〈引っ越しで必要な主な手続き〉

  • 転居届
  • 転出・転入届け
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カード)の住所変更
  • 印鑑登録の住所変更
  • 国民保険・国民年金住所変更(加入者のみ)

3月の引っ越しで安い見積もりを取るためのアドバイス

ここまで見てきたように、3月の引っ越し料金はとにかく高い!これはもう変えようのない事実ですが、そんな中でも引っ越し前に少しの工夫や努力をすれば、
少しでも引っ越し料金を安く抑えることができます。

そこでここからは、3月の引っ越しをできるだけお得な料金で行う方法をご紹介していきます。

「引っ越し料金は時価」が前提

その前にまず、これは記事前半でも少し触れましたが、引っ越し料金は一般の商品のように料金が予め決まっているものではなく、「引っ越し日時」「移動距離」「荷物量」という3つの組み合わせによってその都度決まる“時価”であることを改めて覚えておいていただければと思います。

その上で、この「引っ越し日時」「移動距離」「荷物量」 それぞれについて、どんな工夫をすればいいか、見ていきましょう。

引っ越しの荷物量はなるべく減らそう

引っ越しの荷物量が増えると、見積もりの料金はその分高くなります。

というのも、荷物の量が増えると、荷物を運ぶために必要なスタッフの人数が増えたり、荷物を運搬するトラックのサイズが大きくなったりするからです。

現地スタッフは、1人あたりで人件費がかかっているので、必要人数が増えればその分人件費が増えてしまいます。

またトラックについては、少ない荷物量であればミニバンや軽トラックなどでも運べますが、運搬に必要なトラックのサイズが大きくなるにつれて、車両のチャーター料金が高くなります。

そのため、引っ越し料金を安くするためには、引っ越し前になるべく不用品を処分して、荷物の量を減らすことをおすすめします。

荷物を捨てる

一般ごみであれば、自治体のごみ回収日に合わせて処理すれば、追加でお金が発生することはありませんが、大型家電を処理する場合には注意が必要です。

1998年に制定された、家電リサイクル法によって「エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機」に関しては、メーカーがリサイクルして資源に戻すように法律で制定されています。


家電リサイクル法の概要

家電リサイクル法に当てはまらない大型家電や、大型家具の処理については、お住まいの自治体のホームページ等で確認して処理する必要があります。

荷物を売る

お金を払って荷物を処分するのであれば、お金にして引っ越し料金の足しにすることも一つの手段です。

実店舗を持つリサイクルショップ「トレジャーファクトリー」や「ブックオフ」に持ち込むのも良いですが、昨今ではフリマアプリ「メルカリ」「ジモティー」「ラクマ」を利用するケースが増えています。直接交渉ができるので、お店に持ち込むよりも高額で売れることがあります。

不用品を処分してくれる引っ越し会社を利用する

なお、上記の「トレジャーファクトリー」が運営していて、弊社提携先でもあるトレファク引越さんのように、引っ越しと同時に不用品の買取や処分を行ってくれる引っ越し会社さんもあります。引っ越し手続きと不用品処分の手続きをまとめて行いたい方は、こうした引っ越し会社に依頼するのも良いですね。

長距離の引っ越しは「帰り便」等利用でよりお得に

引っ越しの移動距離については、転居先が既に決まっている場合は日程や荷物量と違って自分たちで調整することが難しい要素ですが、長距離の引っ越しの場合は、「混載便」や「コンテナ便」「帰り便」などを使うことで、引っ越し料金がお得になる可能性があります。

ただしこれらのサービスは(1)取り扱っている引っ越し会社が限られている(2)引っ越し先(エリア)によってはそもそもサービスが提供されていない(3)運行スケジュールがシビアである、などの理由により、利用者側から利用を指定することが難しく、あくまで「タイミングが合えば利用できる」ものとなっています。

また引っ越し会社のトラックや人手が混み合う繁忙期においては、そもそも提供自体が行われていない可能性が非常に高いため、本記事では割愛させていただきます。詳細については、下記の記事などをご覧になってみてください。

引っ越しのプロが教える!引越し費用を抑える6つのテクニック

引っ越し日時について

月初、月中、月末?

一般的に引っ越しは、1日から始まる新生活に向けて、その前に引っ越しを済ませておこうと考える人が多いため、毎月末に引っ越しの需要が高まります。

また、月末に引っ越しを検討していたものの、引っ越し会社の日程が埋まっていたり、料金が高かったりで、翌月の月初を薦められることも。ということはつまり、月末月初は比較的引っ越しのニーズが高い時期になりがちであると言えます。

特に3月は、中盤以降ともなると引っ越し繁忙期真っ只中のため、同月の上旬よりもさらに料金が上がります。引っ越し料金を少しでも抑えたい方は、なるべく月の前半のうちに引っ越しをすることをお勧めします。

曜日は?

これは3月に限ったことではありませんが、土日祝日は引っ越し会社のスケジュールが混みますので、平日に比べると割高になります。

NHK放送文化研究所が調査した「2015年国民生活時間調査」にある国民全体の「平日、土曜日、日曜日」の時刻別行為者率によると、日本人が仕事をしている曜日は、平日が52.9%、土曜日が34.9%、日曜日が23.5%となっています。

つまりは、国民のうちの5割程度が平日に働いており、土曜日には3割程度、日曜日には2割程度の人が働いていることになります。

さらに、月曜日と金曜日は、土日と連休で休みをとって3連休にして、引っ越しをする人も比較的いらっしゃいます。

3月はそもそも引っ越し会社の枠に空きがないため、日時をこちらから指定できない可能性もありますが、休みの人が少ない火曜日、水曜日、木曜日は引っ越し料金が一般的に安くなるということは、覚えておいて損はありません。

時間帯は?

一般的に、引っ越し会社は一日の作業時間帯を「午前便」「午後便」「フリー便」の三つに分けていて、このうち一番安い見積もり料金になるのが「フリー便」です。

フリー便とは、引っ越しをする日にちだけを決めておいて、作業の開始時間は引っ越し会社の都合に合わせるプランです。

現場のトラックや作業員の状況に合わせるため、通常であれば価格を抑えることができますが、こちらも曜日と同じく、3月は指定ができない(引っ越し会社から指定される)可能性もあります。

なおフリー便の詳細は下記記事でも解説していますので、もしよろしければご参照ください。

引っ越しフリー便はなぜ安い? 時間指定が割高な理由

引っ越し会社へ見積もりをお願いしよう!

以上、3月の引っ越し料金を少しでも安くする方法について、「荷物量」「移動距離」「引っ越し日時」という3つの観点から見てきましたが、もう一つとても重要なポイントがあります。

それは、引っ越し会社から見積もりを取る際、必ず複数社から見積もりを取ることです(これを相見積もり、と言います)。

引っ越し会社は、お客様から複数社の間で比較検討されている場合、他社との価格競争に打ち勝たないと受注ができないため、各社に個別で見積もりを依頼するよりも、安めの見積もりが出てくる可能性が高くなります。

また、引っ越し料金はいわゆる“時価”。1社のみの見積もりではその金額が安いのか高いのかわからないだけでなく、以前安かったA社が、今回も安いとも限りません。

逆に同じ条件での引っ越しでも「その日なら、ちょうど帰りのトラックが押さえられるから、安く提供できる」という具合に、タイミングによって引っ越し料金が安くなることもあります。相見積もりの重要性、お分かりいただけましたでしょうか?

この相見積もり、今ではかなり一般的になっていて、不動産会社のFJネクストが2020年に実施した「令和の引っ越し事情」アンケート によると、約8割以上の方が複数の引っ越し会社から見積もりを取っています。


出典: 株式会社FJネクスト 「令和の引っ越し事情」アンケート より

これを見ても、複数の引っ越し会社の見積もりを比較検討する重要性が、広く認知されている、と言えるのではないかと思います。

「引越しラクっとNAVI」はここが便利!

とはいえ複数社を相手に、一社ずつ見積もりを取るのは面倒くさいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方には、弊社の「引越しラクっとNAVI」 がおすすめ!

引越しラクっとNAVI:https://hikkoshi-rakunavi.com 

こちらのサービスは、弊社のコンシェルジュにお電話1本でご希望の条件をお伝えいただくだけで、複数社の見積もりを一括で簡単に取ることができる便利なサービスです。

お見積内容はWEB上で簡単に比較していただき、ワンクリックで発注も済ませることができる上に、発注を入れた会社以外には自動で失注が伝わるようになっているので、断りの連絡を自分で入れる必要もありません。

さらに、コンシェルジュがお客様の引っ越しにおける全ての窓口を務めさせていただくことで、引っ越し会社の窓口業務を一部削減!その分お客様に安価な見積もりをご提示することが可能となっています。

ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひ下記リンクから無料お見積もりをお申込みください。お客様の目線に立って、納得のいくお引っ越しをサポートさせていただきます!

無料お見積もりのお申込み:引越しラクっとNAVI 

まとめ:引っ越し難民にならないために

いかがでしたでしょうか?3月は引っ越し業界の“超”繁忙期であり、巷では
この時期に引っ越しをしたくてもできない「引っ越し難民」が問題になっている程です。

3月中旬から4月5日程度までの春休みは、繁忙期の中でも特に混み合う時期ですので、できれば3月上旬のうちに引っ越しを済ませておきたいところですが、そのためには遅くても2月前半、できれば1月中に引っ越し会社の見積もりを取ることをお勧めします。

一方で、学校や会社の都合で「どうしても3月中旬~4月上旬に引っ越しを行いたい!」という方もいらっしゃると思いますが、その場合の対策もはやり、とにかく引っ越しが決まった段階で、一刻も早く引っ越し会社からの見積もりを取ること!これに尽きます。

春からの新生活を安心してスタートさせるためにも、早めに複数社からの見積もりを取って、各社の料金やプランをしっかりと確認し、十分に比較検討を行って引っ越し会社を選ぶようにしましょう。

そして最後に改めて、複数の引っ越し会社から相見積もりを取る時間がない、という方は、ぜひ下記リンクから弊社までご相談ください。お客様の目線に立って、納得のいくお引っ越しをサポートさせていただきます!

無料お見積もりのお申込み:引越しラクっとNAVI 

月別引っ越し相場の記事はこちらから

著者投稿者 引越しラクっとNAVI編集部
ページトップ