お盆周辺が狙い目!?8月の引っ越しのおすすめポイントと注意点

真夏の暑い最中に引っ越しをする人が少なく、引っ越しのオフシーズンでというイメージがある8月、この月に引っ越しを検討している方もいらっしゃるかと思います。

8月は、引っ越しの少ない上旬と9月から新生活を始める人の引っ越しがスタートする中旬以降で通常期と繁忙期に分かれる月です。また、少しでも安く引っ越しを済ませたい方には、お盆時期以前の引っ越しがお勧め!

本記事では引越しだけでなく、お部屋探し、インターネット手配等、新生活サポートサービスを提供している引越しラクっとNAVIのノウハウを基に、8月の引っ越し事情や、そのメリットデメリットなどをお伝えしていきます。

空き賃貸物件を探すには狙い目の時期!

賃貸住宅情報サービスを手掛ける株式会社CHINTAIが運営する「Woman.CHINTAI」によれば、8月は秋の転勤シーズンに向けて引っ越しを考える人がいるため、 不動産会社からもうすぐ空く物件を教えてもらえることもあるとのこと。

引っ越し時期は6月がおすすめ? 1年で最もお得になる理由とは【月別解説付き】 【Woman.CHINTAI】

また同サイトでは、「GW明けから8月上旬」は引っ越しが少なくなる時期であるので、賃貸相場の下がってくる時期として知られている、とも。

そしてそれに伴い、どの物件も入居希望者が極端に減少するため、不動産業界全体の閑散期となり、安い家賃の物件を探すことのできる時期であると説明しています。

8月は決して引っ越し相場が安い月ではない

一方で8月の引っ越し相場はと言えば、連日のように厳しい暑さが続くため引っ越しには不向きな時期のようですが、子どもの新学期に合わせて引っ越したり、夏休み中に新居を片付けたいファミリー世帯にとっては、絶好のタイミングといえるため、そんな事情にあわせて料金はそこまで下がりません。

では、8月の引っ越し相場をチェックしてみましょう。7月から9月の同一都道府県内での引っ越し料金相場は、以下の通りです。

単身2人
7月の料金相場39,000円61,000円
8月の料金相場35,000円95,000円
9月の料金相場45,000円43,000円

出典:「引越しラクっとNAVI」/2018年実績データ

8月のファミリー世帯の引っ越し相場は、ほかの月より高い

夏休みが始まる7月後半から突入した引っ越し業界における「第二の繁忙期」(最大の繁忙期は3月~4月)は、8月に入っても続きます。引っ越し相場は、引っ越し件数と比例するため、5月から2月のオフシーズンの中でも、8月は比較的引っ越し料金が高めになるのです。

夏休みに入る7月、人事異動の時期で転勤者の引っ越しが増える9月と比べると、単身者の引っ越し相場は8月のほうが安いものの、2人家族、3人以上の家族の引っ越し相場は、どちらも8月のほうがぐんと高くなっていることがわかります。

引っ越し料金は、8月後半よりも前半のほうが安い

なおこれは8月に限ったことではありませんが、月の後半よりも前半のほうが、引っ越し料金が安くなる傾向にあります。特に8月の場合、夏休みに入ってすぐ引っ越しをしたい人は7月中に済ませ、9月から新生活が始まる人は後半に引っ越すケースが多く、前半は「穴場」である可能性も。

8月の前半で、さらに平日であれば、希望の日時で引っ越し会社の予約が取りやすく、引っ越し料金を抑えることができる可能性が高くなります。

とはいえ、新居の片付けを早めに終わらせて、残りの夏休みをのんびり過ごしたいファミリー世帯など、同じように8月前半の引っ越しを検討しているか方も少なくないかもしれません。引っ越しを計画しているなら、早めに引っ越し会社を予約することをお勧めします。

8月に引っ越しをするなら、お盆が狙い目

8月は子どもだけでなく、大人もまとまった休みがとれる時期。特に8月13日から15日のお盆は、休みになる企業も多いようです。では、お盆の引っ越し相場はどうでしょうか。

引越会社は、お盆も休まず営業中!

ほとんどの引っ越し会社は、年末年始に休業日を設けているものの、一般企業のようにお盆休みはありません。お盆も通常営業で、もちろん料金も通常価格で対応してくれます。

お盆の引っ越し、実は相場よりも安い

前述の通り、8月は決して引っ越し料金が安い月ではなく、後半に入るとさらに料金が上がる傾向にありますが、そんな中でお盆は帰省する人が多いため、引っ越し件数は比較的少なく、引っ越し料金が安くなると言われる期間。

特別料金や割増料金の設定も、ほとんどの場合はありません。なるべく引っ越し料金を安くしたいなら、実はお盆は「狙い目」なのです。

お盆の引っ越しは、縁起が悪い!?

「お盆に引っ越しをすると、縁起が悪い」と聞いたことはありませんか?「ご先祖様の霊が帰る家をわからなくなってしまうから」、「お盆や夏土用の時期に土を動かしてはならないから」など、さまざまな謂れがありますが、実際のところ、仏教の世界でお盆の引っ越しを禁忌としているわけではないようです。

縁起を担ぐ人はお盆を避けたほうが気持ちよく引っ越しができそうですが、気にならない人は、安く引っ越しをするチャンス。8月の相場よりも安い時期だとプラスに捉えて、引っ越しを計画するのもいいかもしれません。

8月の引っ越しのメリット・デメリット

8月の引っ越しはお盆前の上旬であれば、繁忙期に比べ低い価格で引っ越しを行うことができる可能性がある、お得な月です。

ですが、メリットがあればデメリットもあります。ここからは、8月の引っ越しのメリットとデメリットについて説明していきます。

8月に引っ越しをするメリット

  • 上旬は引っ越し料金が安い
  • 上旬は希望日時で引っ越しができる
  • 上旬は料金交渉がしやすい

先ほども説明しましたが、8月の上旬は引っ越し業界の通常期ですので、3月〜4月の繁忙期に比べると引っ越し料金が安くなります。

新生活を始める方も落ちつく頃で、引っ越し希望者も少ない時期なので、希望日の引っ越しの予約が取りやすくなり、予定が立てやすくなります。

さらに、引っ越し希望者が比較的少ないことで、引っ越し会社への値引き交渉もしやすくなり、納得のいく料金を提示してもらえる可能性が高くなります。

8月に引っ越しをするデメリット

  • 台風のシーズンである
  • 荷物が濡れる可能性がある
  • 気温が高く暑い

8月は台風が多いシーズンですので、天候に不安があります。悪天候の中の引っ越しは荷物が濡れてしまうことがあり、濡れてしまった家具や家電の拭き取りなど、天気が良ければしないで良い仕事が増えてしまうので、手間がかかることも。

また、夏真っ盛りの気温で引っ越し作業をするのも一苦労。熱中症に気をつけて無理をせず計画的に引っ越しを行うことができるように準備しておきましょう。

8月に引っ越しする際に気をつけるべきポイント

以上のデメリットなども踏まえつつ、夏真っ盛りで台風シーズンでもある8月の引っ越しならではの注意ポイントがいくつかあります。これらのことに気をつけて快適に引っ越しを行うようにしましょう。

8月の引っ越しの注意ポイント

  • 台風情報をチェック
  • キャンセルの規約を確認
  • 荷物の防水対策は万全に!
  • 荷物はしっかりと拭き取り
  • 熱中症に注意

台風情報はしっかりチェック

小雨程度であれば問題ないのですが、災害を伴うような大雨の場合、引っ越しが延期になるケースも。見積もり時などに、キャンセルに関する規約はしっかり確認しておくことをお勧めします。

8月は、快晴な日も多いですが、台風や悪天候も多いシーズンです。近年では突然のゲリラ豪雨で激しい雨が降り出すこともあり、雨の予測を立てることが難しいとされています。

また、引っ越しの途中で大雨になることも考えられるので、引っ越し当日の雨が心配な場合は、荷物に防水対策を施しておくと良いでしょう。

新居へ荷物を運び入れる際の床養生もしっかりとしておくと、新居を汚すリスクを最小限にすることができます。

参考:気象庁 令和元年8月の天候:https://www.jma.go.jp/jma/press/1909/02a/tenko1908.html

キャンセルの規約を確認

基本的に引っ越し作業は雨や雪が降っている場合でも、引っ越し会社側からの中止や延期の申し出はありません。

天災を除いては引っ越し会社側からのキャンセルはできないと「標準引越運送約款」で定められているからです。

余程大きな台風でない限り引っ越しは決行されます。また、引っ越しの予約が多い時期には作業員やトラックの手配が数週間先まで決められているため、延期も難しくなってきます。

国土交通省 標準引越運送約款:https://www.mlit.go.jp/common/001220018.pdf

利用者側からのキャンセルや延期は可能ですが、キャンセル料が発生するので契約時に確認しておくことが大切です。

荷物には防水対策を

衣類や本、パソコンなど雨に濡れると困るものは、ビニール袋などに入れた上で段ボールに収納し、しっかりと梱包するようにしておくと安心です。

家具や家電などは、引っ越し会社に梱包方法や対応を聞いておくのがお勧めです。引っ越し会社によっては防水シートでカバーしてくれることもあります。

・家電製品

家電製品の内部に水が入ると故障の原因になるので、エアーキャップやエアーキャップのついた段ボール箱などを使って梱包しましょう。ノートパソコンやゲーム機器などは梱包して自分で運ぶと安心です。

・段ボール

濡れてしまうと強度が落ちてしまう段ボールは、荷物を入れている状態で壊れてしまう可能性があります。大きめのゴミ袋などで濡れないようにしておくと安心です。

・家具

木製のタンスやベッド、机などは湿気に弱く、濡れたままの放置は厳禁です。搬入後は素早く拭き取りを行い、風通しの良い場所で乾かすようにしましょう。

ソファなどの革製品は、濡れてしまうとシミになってしまうため、ビニールなどでしっかりと梱包するように!革製品が湿気に弱いので搬入後は速やかに開梱し、乾燥させましょう。

熱中症予防をしっかりと!

夏の引っ越しで一番気をつけて欲しいのが「熱中症」です。

旧居での荷物の運び出しの際は、前日までにエアコンを取り外している場合は暑い中での作業となる上に、冷蔵庫も霜取りのために中身を空にして電源を落としているので、冷たい飲み物も用意しておけない状態となります。

少しの時間とはいえ、高温の部屋での作業は体に負担をかけてしまうので、クーラーボックスに冷たい飲み物や冷やしたタオルなどを用意しておきましょう。

クーラーボックスに準備しておきたいもの

  • スポーツドリンク
  • お茶・水など
  • 冷たいおしぼり・タオルなど
  • 熱中症予防タブレット・飴など

また、新居での引っ越し作業を快適に行うためにもエアコンの設置は早めに行っておくことをお勧めします。

エアコンの設置が引っ越し日に間に合わない場合は、引っ越し後に扇風機やサーキュレーターをすぐに使用できるように荷物の搬入の際には、すぐに取り出せる位置に運び入れておきましょう。

また、環境省が発表している「暑さ指数(WBGT)」で熱中症リスクの高い日を確認することができるので、参考にして熱中症にならないように細心の注意を払ってください。

環境省 熱中症予防情報サイト:https://www.wbgt.env.go.jp

引っ越しの際は必ず相見積もりを取ろう!

8月の引っ越しが決まったら、まずは引っ越し会社へ引っ越しの見積もりをお願いしましょう。

そもそも引っ越し料金には業界標準の料金体系はないため、引っ越し会社によって料金が大きく異なって来ます。そのため引っ越しの見積もりは、一社だけでなく数社から見積もりをとる「相見積もり」を行うことが基本です。

とはいえ複数社を相手に、一社ずつ見積もりを取るのは面倒くさいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方には、弊社の「引越しラクっとNAVI」 がおすすめ!

引越しラクっとNAVI:https://hikkoshi-rakunavi.com 

「引越しラクっとNAVI」はここが便利!

こちらのサービスは、弊社のコンシェルジュにお電話1本でご希望の条件をお伝えいただくだけで、複数社の見積もりを一括で簡単に取ることができる便利なサービスです。

お見積内容はWEB上で簡単に比較していただき、ワンクリックで発注も済ませることができる上に、発注を入れた会社以外には自動で失注が伝わるようになっているので、断りの連絡を自分で入れる必要もありません。

さらに、コンシェルジュがお客様の引っ越しにおける全ての窓口を務めさせていただくことで、引っ越し会社の窓口業務を一部削減!その分お客様に安価な見積もりをご提示することが可能となっています。

ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひ下記リンクから無料お見積もりをお申込みください。お客様の目線に立って、納得のいくお引っ越しをサポートさせていただきます!

無料お見積もりのお申込み:引越しラクっとNAVI 

まとめ:8月の引っ越しは相見積もりでさらにお得に!

上旬とお盆以降で引っ越し料金が変わってくる8月。気温が高く台風のシーズンだからと敬遠しないで、しっかりと対策を取り、引っ越し時期を見極めることでお得に引っ越すことができます。

ですが、真夏の引っ越し作業は負担も大きく疲れて体調を崩してしまうことも…。無理な計画は予想外の出費に繋がってしまうこともあるので、天候の確認や暑さ対策は万全に整えて引っ越しの準備を行うようにしましょう。

8月の引っ越しで失敗しないためにも、相見積もりで各社の料金を確認すると同時に、悪天候時の引っ越しの対応もしっかりと確認して十分に比較検討を行い、納得のいく引っ越し会社を選ぶようにしましょう!

著者投稿者 引越しラクっとNAVI編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連キーワード

引っ越し見積もり料金 簡易シミュレーション

  • 1引っ越し時期
  • 2移動距離
  • 3引っ越し人数
\
平均
 円
最安値
 円
最高値
 円
  • ※引越しラクっとNAVI ® の実際の引っ越しデータから算出しています。
    期間:2017年1月~2019年6月実績
  • ※引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。
    お引っ越しの際には、見積もり取得をお願いします。
引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント

引越会社を味方に!料金に差が出る訪問見積り攻略法【保存版】

お盆周辺が狙い目!?8月の引っ越しのおすすめポイントと注意点

ページトップ