住所で見かける大字(おおあざ)と、字(あざ)の意味は?

字と大字

「大字(おおあざ)」と「字(あざ)」とは?

届いた郵便物の住所に、ときどき「大字(おおあざ)」や「字(あざ)」が使われているのを見たことがありませんか? 「大字」「字」とはどういう意味なのでしょうか? 

「字」の起源は、村の下にあった小さな区画単位であるといわれていますが、正確な起源は、よくわかっていません。

「大字」は江戸時代の村を継承した範囲・地名で、「字」は大字より小さい集落の範囲につけられた地名です。

廃藩置県で区分けが変わった

明治時代に廃藩置県が行われ、市町村制や新しい制度が導入され、その後、何度も市区町村の合併が行われてきました。

大字は町名として残っていることが多いのですが、 市区町村の合併がある場合は、もともとの町や村の名前を残すために、大字+以前の町名(村名)という表記をしました 

つまり、山田村が山本村という村に合併されたときに、山田村を残すために、「山本村 大字山田」という表記をしました。

すべてがこのルールで統一されているわけではなく、大字が途中でなくなっていたり、さらに合併をして名前が変わるなど、地域ごとで事情がことなっています。

地方だから「大字」「字」がつくわけではない?

「大字や字は都心部の住所ではなく、地方独特のもの」と認識している方もいらっしゃるかもしれませんが、地方だから「大字」や「字」がつくということではありません。

現在でも政令指定都市の中には町を設置せず、大字を存置している都市があります(さいたま市、川崎市、名古屋市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市など ※ウィキペディア調べ)

省略しても通じる場面は多いと思いますが、地域によって事情がことなるので、住所にこれらの文字が記載されていたら、そのまま記載してください。

住所に「大字」や「字」がついていて、改行したり区切る場合は「大字◯◯」「字◯◯」という部分で区切ります。大字と後ろの◯◯は、これでセットと考えて一緒に表記しましょう。

正式な表記に関して

公的な住所、所在地の表記では通常「字○○」と記されますが、まれに「小字○○」と記す地域もあります。また大字を廃して「○○町」の表記にした所でも、小字を残している場合が多いです。

字の表記を廃止して、「字○○」を「○○」とする場合は、地方自治法による手続きが必要で、当該市町村の議会の議決を経て定めることが必要になります。

そのため、いまは字の文字が必要なくても、そのまま使っている地域もあるんですね。

土地登記簿や住民基本台帳などにおける所在地・住所の公的な表記においては「字○○」であるものの、大字単位で地番が振られている場合は、郵便物の送付等の案内では、略して表記されることもあるそうです。

まとめ

「大字」は合併した際の昔の名称を残したものです。「字」は村の下にあった単位が元になっていて、「小字」ともいう。記載されていたらそのまま記載しましょう。改行したり区切る場合は「大字◯◯」「字◯◯」という部分で区切ります。

そして、まとめというか、おまけです。

地名のお話であれば、必ずや出てくるであろう、珍地名スポットとして有名な鹿児島県のあの地域のお話です。

そう、鹿児島県志布志市志布志町志布志です。

鹿児島県のあとは、「 しぶしし しぶしちょう しぶし」と読みます。

このWikipediaの説明文がすごいことになっています。

志布志市の南東、旧志布志町域の南西、志布志湾に面する。中核国際港湾・志布志港、志布志市役所志布志支所(旧志布志町役場)を始めとする志布志市の官公施設、JR日南線の終着駅である志布志駅等が所在する旧志布志町時代から続く志布志市の中心地域である。旧志布志町の大字志布志と地理的に同義であり、志布志町の周辺自治体との合併に伴う新志布志市発足により、志布志は志布志町志布志へ改称された。志布志市街地とは一般的に志布志の山城が見下ろす志布志町志布志、志布志町帖周辺を指す。

志布志町志布志には東から順に志布志町志布志一丁目から志布志町志布志三丁目まである。志布志町志布志の中央を東西に国道220号が走り、中心部は志布志駅、志布志市役所志布志支所等が立地する志布志町志布志二丁目になる。紀行作家の宮脇俊三は1978年にこの地を訪れた際の取材ノートに「閑散としている」「だだっぴろい」と記している[3]。沿岸部の志布志港周辺には丁目が付かず、志布志町志布志の後に番地が入る。

引用:志布志町志布志(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

志布志に住んでいる人は、住所を書くのが大変ですね。

新しい住所が決まりましたら、引っ越しの見積もりは引越しラクっとNAVI ®へおまかせください。サクっと(ラクっと)安い引っ越し業者を見つけて、空いた時間を新しい住所を覚えることに(?)使ってください。

簡単 引越し見積もり

著者投稿者 横川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連キーワード

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
ページトップ

引越し一括見積もり(無料)