実は第二の繁忙期?9月の引っ越しのおすすめポイント

夏も終わりに近づく9月は企業の転勤などが多くなるため、引っ越し業界では「第二の繁忙期」とも言われており、引っ越し会社の予約が取りにくく、早めの準備が大切になってきます。

この記事では9月の引っ越し事情や、そのメリットデメリットなどをお伝えしていきます。

引っ越し見積もり料金 簡易シミュレーション

  • 1引っ越し時期
  • 2移動距離
  • 3引っ越し人数
\
平均
 円
最安値
 円
最高値
 円
  • ※引越しラクっとNAVI ® の実際の引っ越しデータから算出しています。
    期間:2017年1月~2019年6月実績
  • ※引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。
    お引っ越しの際には、見積もり取得をお願いします。

9月の引っ越し料金の相場は時期で変わる

一方で引っ越し業界における9月は、新生活が始まるシーズンである3月〜4月に比べると安価で引っ越しを行うことができる可能性があります。

「3月〜4月」は引っ越し業界では「繁忙期」、それ以外は「通常期」と呼ばれることがありますが、その中で9月は引っ越しをする方が繁忙期の次に多い月でもあるので、料金相場は他の「通常期」の料金と比べるとあまり安いとは言えません。

さらに、引っ越しをする方が多いので、引っ越し時期を調節しないと希望日に引っ越しができないということもあります。

9月とその他の月の相場比較

それでは9月の引っ越し料金の相場を、他の月と比べてどのようになっているでしょうか?月ごとの平均料金がこちらです。

1人 2人
1月 平均61,978円 平均96,401円
2月 平均46,592円 平均91,938円
3月 平均107,927円 平均208,244円
4月 平均80,069円 平均102,780円
5月 平均57,379円 平均108,753円
6月 平均56,788円 平均98,846円
7月 平均58,474円 平均128,002円
8月 平均44,482円 平均87,276円
9月 平均54,350円 平均76,111円
10月 平均48,679円 平均66,676円
11月 平均44,768円 平均65,555円
12月 平均50,058円 平均55,885円

※引越しラクっとNAVIでの引っ越し実績データ(2017年1月1日~2019年6月30日)がもとになっています。
※引っ越し見積もりは諸条件で変動しますので、実際の料金は見積もりをとって確認してください。

なお3人以上のお引っ越しについては、条件によって料金が大きく変動しますので、下記フォームから無料お見積もりをご依頼ください。

お見積もり依頼|引越しラクっとNAVI

9月の引っ越しは上旬~中旬が狙い目!

9月は10月付けの転勤による異動での引っ越しが多くなる時期のため、引っ越し会社のスケジュールが混み合う傾向にあり、それに伴い引っ越し料金も高くなります。

さらに、9月の下旬は10月からの新生活に合わせて引っ越しをする方が増える傾向にあるため、引っ越し会社の手が空いている9月上旬から中旬までに引っ越しを済ませてしまうことが、引っ越し料金を少しでも安く済ませるコツとなります。

9月の引っ越しのメリット・デメリット

暦の上では秋である9月の引っ越しですが、近年の9月はまだまだ気温が高い上に、台風も多い時期です。

しかし、天候と時期にさえ気をつければ、3月〜4月の繁忙期に比べると低い価格で引っ越しを行うことができる可能性がある月です。

ですが、メリットがあればデメリットもあります。ここからは、9月の引っ越しのメリットとデメリットについて説明していきます。

9月に引っ越しをするメリット

  • 9月中旬までは引っ越し料金が比較的お得
  • 上旬は希望日時で引っ越しができる
  • 賃貸物件が徐々に増えてくる

9月は3月〜4月の繁忙期に比べると、比較的安価で引っ越しを行うことができます。特に2人で引っ越しをする場合は、3月から8月まで続く相場水準からみると割安になり、引っ越しがしやすい月になります。

加えて月の上旬となれば、引っ越しをする方がまだ多くない時期なので、希望日の引っ越しの予約が取りやすいほか、引っ越し会社への値引き交渉もしやすくなり、納得のいく料金を提示してもらえる可能性が高くなります。

また、賃貸住宅情報サービスの「アパマンショップ」によれば、 「9月~10月は企業の移動人事が多くなる時期で、物件数も増えます。情報を集めていけば、この時期はねらい目です」とのこと。

また同サイトでは、年が明けて1月になれば、一斉に賃貸物件探しをする人が増えるため、早めに行動するのがおすすめ、とも説明しています。

賃貸の物件数は1年の間でも変動しているのです|アパマンショップ

9月に引っ越しをするデメリット

  • 9月下旬からは引っ越し料金が高くなる
  • 台風シーズンなので、引っ越しが遅延する可能性がある
  • 正五九祭 (ショウゴクサイ)の時期 である

先ほども説明しましたが、9月は引っ越し業界の通常期ではありますが、中旬〜下旬になると3月〜4月の繁忙期に次ぐ引っ越しシーズンとなるため、引っ越し料金が割高になります。

9月は台風の多い時期ですので、天候に不安があります。引っ越し自体が遅延になる可能性があるほか、台風とまではいかなくても雨の中の引っ越しは荷物が濡れてしまうことがあり、濡れてしまった家具や家電の拭き取りなど、天気が良ければしないで良い仕事が増えてしまうので、手間がかかることも。

また、こちらは半分マメ知識の部類ですが、日本の風習において1月・5月・9月は 「正五九祭 (ショウゴクサイ)」と呼ばれ、この時期を引っ越しを避けるべき、とされることがあります。

正月はお正月、5月は田植え、9月は収穫祭のことを指していて、人手の必要なこうした時期に引っ越しをすると、周りに迷惑がかかるという意味で良くないとされていたそう。

引っ越しちゃダメな時期があるってホント!?~噂の真相を専門家に聞いた~

近年では生活スタイルも変わってきているので、気にする方は減っていると思われますが、ご年配の方などはまだこうした縁起に配慮される方がいらっしゃるかも?

9月に引っ越しをする際に気をつけるべきポイント

気温が真夏のように高く、台風も多い9月の引っ越しならではの注意ポイントがいくつかあります。これらのことに気をつけて快適に引っ越しを行うようにしましょう。

9月の引っ越しの注意ポイント

  • 天気予報をチェック
  • 荷物の防水対策は万全に!
  • 熱中症予防も忘れずに
  • 夏終わりの防虫対策

天気予報はしっかりチェック

9月は、台風のシーズンです。近年では9月でも気温の高い日が多く、突然のゲリラ豪雨で激しい雨が降り出すこともあり、雨の予測を立てることが難しいとされています。

昭和以降、記録的な災害をもたらした台風が13個ある中で、そのうち11個が9月に接近・上陸した台風であるというデータもあるほどです。

台風災害が発生やすい9月、秋台風の3つの特徴とは|ウェザーニュース

小雨程度であれば問題ないのですが、災害を伴うような大雨の場合、引っ越しが延期になるケースも。見積もり時などに、キャンセルに関する規約はしっかり確認しておくことをお勧めします。

また、引っ越しの途中で大雨になることも考えられるので、引っ越し当日の雨が心配な場合は、荷物に防水対策を施しておくと良いでしょう。

新居へ荷物を運び入れる際の床養生もしっかりとしておくと、新居を汚すリスクを最小限にすることができます。

参考:気象庁 令和元年9月の天候:

https://www.jma.go.jp/jma/press/1910/01b/tenko1909.html

荷物には防水対策を

衣類や本などの雨に濡れては困るものは、ビニール袋などに入れた上で段ボールに収納し、しっかりと梱包するようにしておくと安心です。

家具や家電などは、引っ越し会社に梱包方法や対応を聞いておくのがお勧めです。引っ越し会社によっては防水シートでカバーしてくれることもあります。

・家電製品

家電製品の内部に水が入ると故障の原因になるので、エアーキャップやエアーキャップのついた段ボール箱などを使って梱包する。

・段ボール

濡れてしまうと強度が落ちてしまう段ボールは、荷物を入れている状態で壊れてしまう可能性があります。大きめのゴミ袋などで濡れないようにしておくと安心です。

・家具

木製のタンスやベッド、机などは湿気に弱く濡れたままの放置は厳禁です。搬入後は素早く拭き取りを行い、風通しの良い場所で乾かすようにしましょう。

ソファなどの革製品は、濡れてしまうとシミになってしまうため、ビニールなどでしっかりと梱包するように!革製品が湿気に弱いので搬入後は速やかに開梱し、乾燥させましょう。

熱中症予防を忘れずに

まだまだ真夏並みに気温の高い日が多い9月。熱中症予防は大切です。

旧居での荷物の運び出しや新居への搬入の際に、冷たい飲み物や熱中症予防のタブレットを口にできるように準備しておきましょう。

クーラーボックスに冷えた飲み物やタオルを用意しておくことがおすすめ。小型のクーラーボックスであればいつでも手元に置いておくことができるので便利です。

クーラーボックスに準備しておきたいもの

  • スポーツドリンク
  • お茶・水など
  • 冷たいおしぼり・タオルなど
  • 熱中症予防のタブレット・飴など

防虫対策は万全に!

夏の間に繁殖してしまった虫対策を行っておくことも重要です。気温の高い時期に産卵する害虫が多いため、新居はもちろん、旧居で使用していた家具や家電の防虫対策もしておきましょう。

卵は殺虫用のくん煙材で一掃することが難しいため、家具や家電を梱包する際にひとつひとつ丁寧に卵がないか確認するようにし、ティッシュや雑巾で拭き取り消毒しておくと安心です。

引っ越し会社によっては、荷物の運搬の際にトラック内で殺虫の薬剤を散布してくれるオプションもあるので、確認しておくといいですね。

9月の引っ越しで安い見積もりを取るための方法

ここまで見てきて、9月の引っ越しは比較的料金が高そう、というイメージがあるかもしれませんが、このような時期でも引っ越し料金を抑える方法はあるでしょうか?

結論から申し上げれば、引っ越し料金を抑えることは、少しの工夫や努力をすれば十分に可能。そこでここからは、9月の引っ越しでなるべくお得な見積もりを取るための方法をご紹介していきます。

その前にまず、この引っ越し料金、実は一般の商品のように料金が決まっているものではなく、「引っ越し日時」「移動距離」「荷物量」という3つの組み合わせによってその都度決まる“時価”であることを覚えておいてください。

その上で、この「引っ越し日時」「移動距離」「荷物量」 それぞれについて、どんな工夫をすればいいか、見ていきましょう。

引っ越し日時について

月初、月中、月末?

こちらは9月に限らずどの月にも言えることですが、学校の新学期や企業の新年度は1日から始まりますので、その前に引っ越しを済ませておこうと考える人が多いため、月末に引っ越しの需要が高まります。

また、月末に引っ越しを検討していたものの、引っ越し会社の日程が埋まっていたり、料金が高かったりで、翌月の月初を薦められることも。ということはつまり、月末月初は比較的引っ越しのニーズが高い時期になりがちであると言えます。

一方で月末に検討していた引っ越しを前倒しにすると、新居の契約を早める必要が出てきますので、日割りの家賃が発生することもあるため、月の半ばに引っ越しを希望する方は比較的少なく、その分引っ越し料金も安くなる傾向にあります。

中でも9月は冒頭にも記載したように、下旬の引っ越し需要が高くなる時期です。早めの準備で、中旬までの引っ越し予約を確保されることを強くお勧めします。

曜日は?

土日祝日は混みますので、平日に比べると割高になります。

NHK放送文化研究所が調査した「2015年国民生活時間調査」にある国民全体の「平日、土曜日、日曜日」の時刻別行為者率によると、日本人が仕事をしている曜日は、平日が52.9%、土曜日が34.9%、日曜日が23.5%となっています。

つまりは、国民のうちの5割程度が平日に働いており、土曜日には3割程度、日曜日には2割程度の人が働いていることになります。

さらに、月曜日と金曜日は、土日と連休で休みをとって3連休にして、引っ越しをする人も比較的いらっしゃいます。

ですので、引っ越しをするとすれば、休みの人が少ない火曜日、水曜日、木曜日がおすすめになるのですが、その中で「大安」の引っ越しは平日といえども高くなる傾向にありますので、ご注意ください。

時間帯は?

一般的に、引っ越し会社は一日の作業時間帯を「午前便」「午後便」「フリー便」の三つに分けていて、このうち一番安い見積もり料金になるのが「フリー便」です。

フリー便とは、引っ越しをする日にちだけを決めておいて、作業の開始時間は引っ越し会社の都合に合わせるプランです。

現場のトラックや作業員の状況に合わせるため、価格を抑えることができますが、作業の開始時間は午後からになることが多く、場合によっては夕方や夜からとなる場合もあるため、時間に余裕を持っておきましょう。

詳細は下記記事でも解説していますので、もしよろしければご参照ください。

引っ越しフリー便はなぜ安い? 時間指定が割高な理由

長距離の引っ越しは「帰り便」等利用でよりお得に

引っ越しの移動距離については、日程や荷物量と違ってなかなか自分たちで調整することが難しいですが、長距離の引っ越しの場合は、「混載便」や「コンテナ便」「帰り便」などを使うことで、引っ越し料金がお得に可能性があります。

なおこれらのサービスは(1)取り扱っている引っ越し会社が限られている(2)引っ越し先(エリア)によってはそもそもサービスが提供されていない(3)運行スケジュールがシビアである、などの理由により、利用者側から利用を指定することが難しく、あくまで「タイミングが合えば利用できる」ものとお考え下さい。

費用を格安にしたいのなら「混載便」

メリットデメリット
・1件あたりの運送料を抑えることができる・日時を指定しにくい
・荷物が傷つく可能性も

引っ越しは一件あたり一台のトラックをチャーターしておこなうのが一般的ですが、荷物がトラックのサイズとピッタリ一致していない場合は、トラックの荷台に空きがある状態で運搬することになります。

こういったトラックの空きスペースに別の依頼者の荷物も積み込み、一緒に輸送することで運送費用を抑えるプランが「混載便」です。

荷物を混載することで、運転手の人件費をはじめガソリン代や高速料金などが”割り勘”になり、引っ越し料金が安くなります。

ただし、同じ方面へ引っ越しをする人がいなければ、この「混載便」は成立しないため、他の希望者が現れるまで待たなければならない場合もあります。特に転居する方が多い東京、大阪などの主要都市以外への引っ越しでは、希望者がなかなか集まらない可能性がありますので、引っ越し日時については柔軟に考える必要があります。

また、積み下ろし回数が多くなってしまうこともあるため、荷物に傷がついてしまう可能性もありますので、その点も注意しましょう。

大量の荷物を安く運びたいなら「コンテナ便」

メリットデメリット
・運送料金が半額以下になることも・配送に時間がかかる

コンテナ便とは、列車での運送です。コンテナと呼ばれる大きなボックスに荷物を詰め、貨物列車に運んでもらいます。人件費や燃料費を抑えることができるので、比較的格安なことがメリットです。

ただし、貨物列車の運行スケジュールに合わせないといけないため、引っ越しに日数が余計にかかってしまう可能性があります。引っ越すスケジュールに余裕がある場合におすすめです。

時間的に余裕があるなら「帰り便」

メリットデメリット
・荷物が傷つかない
・超特価になることも
・手配している会社が少ない

帰り便とは、片道運搬のことです。積み荷をおろした後のトラックの空きスペースを利用し、荷物を運んでもらうことを指します。「帰り道の途中でついでに運んでもらう」というイメージですね。

積み荷をおろしたトラックは、「空車回送」という空の状態で帰路につくことになります。この状態が非常に「無駄」ということで発案された帰り便ですが、取り扱っている引っ越し会社は多くありません。

うまく取り扱っている引っ越し会社を見つけることができれば、格安価格で引っ越しをしてくれる可能性は大きいといえるでしょう。

引っ越しの荷物量はなるべく減らそう

引っ越しの荷物量が増えると、見積もりの料金はその分高くなります。

というのも、荷物の量が増えると、荷物を運ぶために必要なスタッフの人数が増えたり、荷物を運搬するトラックのサイズが大きくなったりするからです。

現地スタッフは、1人あたりで人件費がかかっているので、必要人数が増えればその分人件費が増えてしまいます。

またトラックについては、少ない荷物量であればミニバンや軽トラックなどでも運べますが、運搬に必要なトラックのサイズが大きくなるにつれて、車両のチャーター料金が高くなります。

そのため、引っ越し料金を安くするためには、引っ越し前になるべく不用品を処分して、荷物の量を減らすことをおすすめします。

荷物を捨てる

一般ごみであれば、自治体のごみ回収日に合わせて処理すれば、追加でお金が発生することはありませんが、大型家電を処理する場合には注意が必要です。

1998年に制定された、家電リサイクル法によって「エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機」に関しては、メーカーがリサイクルして資源に戻すように法律で制定されています。


家電リサイクル法の概要

家電リサイクル法に当てはまらない大型家電や、大型家具の処理については、お住まいの自治体のホームページ等で確認して処理する必要があります。

荷物を売る

お金を払って荷物を処分するのであれば、お金にして引っ越し料金の足しにすることも一つの手段です。

実店舗を持つリサイクルショップ「トレジャーファクトリー」や「ブックオフ」に持ち込むのも良いですが、昨今ではフリマアプリ「メルカリ」「ジモティー」「ラクマ」を利用するケースが増えています。直接交渉ができるので、お店に持ち込むよりも高額で売れることがあります。

不用品を処分してくれる引っ越し会社を利用する

なお、上記の「トレジャーファクトリー」が運営していて、弊社提携先でもあるトレファク引越さんのように、引っ越しと同時に不用品の買取や処分を行ってくれる引っ越し会社さんもあります。引っ越し手続きと不用品処分の手続きをまとめて行いたい方は、こうした引っ越し会社に依頼するのも良いですね。

引っ越し会社へ見積もりをお願いしよう!

以上、9月の引っ越し料金を安くする方法について、様々な角度から見てきましたが、もう一点とても重要なポイントがあります。

それは、引っ越し会社から見積もりを取る際、必ず複数の会社から見積もりを取ることです(これを相見積もり、と言います)。

引っ越し会社は、お客様から複数社の間で比較検討されている場合、他社との価格競争に打ち勝たないと受注ができないため、各社に個別で見積もりを依頼するよりも、安めの見積もりが出てくる可能性が高くなります。

また、引っ越し料金はいわゆる“時価”。1社のみの見積もりではその金額が安いのか高いのかわからないだけでなく、以前安かったA社が、今回も安いとも限りません。

同じ条件に引っ越しでも「その日なら、ちょうど帰りのトラックが押さえられるから、安く提供できる」という具合に、タイミングによっても引っ越し料金は異なるからです。

とはいえ複数社を相手に、一社ずつ見積もりを取るのは面倒くさいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方には、弊社の「引越しラクっとNAVI」 がおすすめ!

引越しラクっとNAVI:https://hikkoshi-rakunavi.com 

「引越しラクっとNAVI」はここが便利!

こちらのサービスは、弊社のコンシェルジュにお電話1本でご希望の条件をお伝えいただくだけで、複数社の見積もりを一括で簡単に取ることができる便利なサービスです。

お見積内容はWEB上で簡単に比較していただき、ワンクリックで発注も済ませることができる上に、発注を入れた会社以外には自動で失注が伝わるようになっているので、断りの連絡を自分で入れる必要もありません。

さらに、コンシェルジュがお客様の引っ越しにおける全ての窓口を務めさせていただくことで、引っ越し会社の窓口業務を一部削減!その分お客様に安価な見積もりをご提示することが可能となっています。

ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひ下記リンクから無料お見積もりをお申込みください。お客様の目線に立って、納得のいくお引っ越しをサポートさせていただきます!

無料お見積もりのお申込み:引越しラクっとNAVI 

まとめ:9月の引っ越しは相見積もりでさらにお得に!

引っ越し業界の中では、第二の繁忙期とも言われる9月。ですが、曜日や荷物量に気を付ければ、納得のいく金額で引っ越しを行うこともできます。

ですが、引っ越しの準備が足りないと悪天候によるキャンセル料や家具の汚れや家電の故障など、予想外の出費に繋がってしまうことも…。

そんなことにならないためにも、相見積もりで各社の料金を確認すると同時に、台風時の引っ越しの対応も確認して十分に比較検討を行い、納得のいく引っ越し会社を選ぶようにしましょう!

無料お見積もりのお申込み:引越しラクっとNAVI

月別引っ越し相場の記事はこちらから

著者投稿者 引越しラクっとNAVI編集部

引っ越し見積もり料金 簡易シミュレーション

  • 1引っ越し時期
  • 2移動距離
  • 3引っ越し人数
\
平均
 円
最安値
 円
最高値
 円
  • ※引越しラクっとNAVI ® の実際の引っ越しデータから算出しています。
    期間:2017年1月~2019年6月実績
  • ※引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。
    お引っ越しの際には、見積もり取得をお願いします。
ページトップ