日本から海外へのお引越しについて、対応する地域と、引越し会社をまとめてみた。

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。

今日は、日本から海外へお引越しをする際に、どこの引越し会社で、どんな地域を対応しているのかをまとめてみました。

個人向けの国内のお引越しでは、200社を超える引越し会社があるのですが、海外向けのお引越しになると、対応できる引越し会社は10分の1に減ってしまいます。

さらに、海外へのお引越しは、国ごとにルールが違うので、国内の引越しに比べても、プロフェッショナルが求められます。

だからこそ、海外引越しは大手に依頼するケースが多くなり、大手による寡占化が進んでいます。そして、大手の引越し会社の中でも、特に物流系の引越し会社が市場において、大きなシェアを持っています。

 

海外へのお引越しの際に、引越し業社を選ぶポイントで、大事なことは、対応エリアです。

例えば、アメリカ合衆国が対応エリアと書かれていても、アメリカ全土に対応している訳ではありません。サンフランシスコは対応エリアだけど、ニューヨークは対応エリア外です。と言われることもあります。

特に大都市でない場合は、ほとんど日本の引越し会社が直営で店舗を持っていることは、ありません。(海外の提携運送業者が対応してくれます)

ですから、どこの国へ引越しをするかによって、対応している引越し会社が絞られます。というか、選択肢がないケースだってあるんです。ですから、まず知るべきは、エリアによって、どんな引越し会社が対応しているのかということです。

今回は、物流系引越し会社の2社と、引越し専業の大手2社の海外引越しの対応状況をみていきましょう。

日本通運

0333003
(出典:オフィシャルサイトより)

海外引越しといえば日本通運、とも言えるほどの、海外引越しの最大手。テレビで取り上げられることも少なくありません。対応可能エリアは、業界トップです。

<北米>
・アメリカ
・カナダ

<中米>
・メキシコ

<南米>
・ブラジル
・チリ

<ヨーロッパ>
・イギリス
・アイルランド
・ベルギー
・オランダ
・フランス
・イタリア
・スペイン
・ポルトガル
・スイス
・ドイツ
・オーストリア
・ハンガリー
・チェコ
・フィンランド
・スウェーデン
・ノルウェー
・デンマーク
・ポーランド
・トルコ
・ロシア

<アジア>
・アラブ首長国連邦
・香港
・中国
・台湾
・シンガポール
・マレーシア
・タイ
・ミャンマー
・インドネシア
・フィリピン
・ベトナム
・インド
・バングラディッシュ
・韓国

<アフリカ>
・南アフリカ

<オセアニア>
・オーストラリア
・ニュージーランド

ヤマトロジスティクス

0333002
(出典:オフィシャルサイトより)

クロネコヤマトさんは、国内の引越しは、「ヤマトホームコンビニエンス」さんが担当していますが、海外引越しは、「ヤマトロジスティクス」さんが担当しているようです。

<北米>
・アメリカ
・カナダ

<中米>
・メキシコ

<ヨーロッパ>
・ベルギー
・フランス
・イタリア
・ドイツ
・オランダ
・イギリス
・チェコ
・ハンガリー

<アジア>
・中国
・香港
・マレーシア
・シンガポール
・台湾
・タイ
・インド
・ベトナム

サカイ引越センターの海外引越し

0333005
(出典:オフィシャルサイトより)

引越専業大手のサカイ引越センターさんの対応エリアです。物流系の2社に比べると、ちょっとエリアはさみしくなっています。

<北米>
・アメリカ

<南米>
・ブラジル

<ヨーロッパ>
・ベルギー
・ポーランド
・イギリス
・ドイツ
・フランス
・イタリア

<アジア>
・中国
・韓国
・台湾
・香港
・マレーシア
・ベトナム
・フィリピン
・タイ

<オセアニア>
・オーストラリア
・ニュージーランド

アート引越センターの海外引越し

0333004
(出典:オフィシャルサイトより)

こちらも引越専業大手のアート引越センターさんの対応エリアです。物流系の2社に比べると、ちょっとエリアはさみしくなっています。

<北米>
・アメリカ

<南米>
・ブラジル

<ヨーロッパ>
・イギリス
・オーストリア
・オランダ
・スイス
・スウェーデン
・チェコ
・ドイツ
・フランス
・ベルギー
・ポーランド

<アジア>
・アラブ首長国連邦
・インド
・インドネシア
・韓国
・カンボジア
・シンガポール
・タイ
・中国
・ベトナム
・フィリピン
・マレーシア

<オセアニア>
・オーストラリア

まとめ

という訳で、大手の海外引越し対応エリアをまとめてみました。引越し会社ごとではなく、エリアごとにまとめますと、こんな感じに。

エリア 日本通運 ヤマト サカイ/アート
アメリカ ○ / ○
カナダ × / ×
メキシコ × / ×
ブラジル ○ / ○
チリ × × / ×
イギリス ○ / ○
アイルランド × × / ×
ベルギー ○ / ○
オランダ × / ○
フランス ○ / ○
イタリア ○ / ×
スペイン × × / ×
ポルトガル × × / ×
スイス × × / ○
ドイツ ○ / ○
オーストリア × × / ○
ハンガリー × / ×
チェコ × / ○
フィンランド × × / ×
スウェーデン × × / ○
ノルウェー × × / ×
デンマーク × × / ×
ポーランド × × / ○
トルコ × × / ×
ロシア × × / ×
アラブ首長国連邦 × × / ○
香港 ○ / ×
中国 ○ / ○
台湾 ○ / ×
シンガポール × / ○
マレーシア ○ / ×
タイ ○ / ○
ミャンマー × × / ×
インドネシア × × / ○
フィリピン × ○ / ○
ベトナム ○ / ○
インド × × / ○
バングラディッシュ × × / ×
韓国 × / ×
南アフリカ × × / ×
オーストラリア × ○ / ○
ニュージーランド × ○ / ×

前述の通り、国は対応していても、エリアが対応できていないケースが多々あります。多々あります。(大事なことなので2回言いました)

ですから、引越し先の地域も含めて、問い合わせをする必要がありますので、注意してくださいね。

また、国内引越しとは全く違いますので、海外専門チームを持っていることがほとんどです。つまり、国内引越しの口コミなんかは全く意味をなさないですし、考えられないようなトラブルも起こります。

その辺は、別の機会にご紹介したいと思います。

国内のお引っ越しは…

著者投稿者 横川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連キーワード

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
ページトップ

引越し一括見積もり(無料)