できる親はすでに動いている。大学合格発表前に、お部屋探しをするべき理由

0168002

こんにちわ。引越しラクっとNAVIの横川です。

もうすぐ12月ですね。2016年も目前です。そんな11月最後の日曜日、いかがお過ごしでしょうか。

僕は、個人的にですが、プライベートが山場を迎えており、かなりテンパっています。師走ですね。

さて、今日は大学生のお部屋探しについて、ご紹介してみたいと思います。

大学生のお部屋探しは、すでに始まっているのだ

ということをお伝えしたいと思います。

今、動けるのは推薦入試に合格した方ですが、すでにお部屋探しは動いています。

お部屋は同じものが2つとありませんから、いいな。と思った瞬間に抑えておかないと、他の人に取られてしまいます。

ですから、いいお部屋を抑えたい人は、早めに動く必要があります。

 

うちは、一般入試だから、まだまだ先だよ。という方、

 

そんなことありませんよ!

 

動く人は、すでに動いています!

どういうことか、ご説明しましょう。

合格前提で、動くべし

そう、お部屋探しは戦争です。取るか取られるかの戦いです。「合格してから」なんて、悠長なことを言っていたら、ライバルに取られてしまいます。

 

だから、先に動くのです!

 

でも、不合格だったら、寂しいからな。

 

そう思いますよね?

 

だったら、親御さんが動けばいいのです!

 

どのみち、保証人になるのは親御さんです。初めてのひとり暮らしの息子(娘)が住むお部屋は、見ておきたい。というのが、親の心情です。

ですから、勝手に親御さんが、受かる前提でお部屋を見て、抑えてしまえばいいのです。

 

万が一にも、不合格の場合はキャンセルすればいいだけです。

予定通り、合格すれば、他の人たちはそこから、お部屋をして契約をしてという手順になりますが、すでにいいお部屋を抑えているあなたは、契約手続きを粛々と進めればいいのです。

 

合格発表後の大学近辺や、学生マンションをたくさん抱えている不動産会社は、戦場です。

契約手続きのために、順番待ち。なんてことも、ざらです。

 

そんな状態で、十分な量のお部屋を紹介してもらえると思いますか?
そんな状態で、親切丁寧な対応をしてもらえると思いますか?

普通に考えたら、無理ですよね。ですから、前もって動くのです。

 

受験生は、動いちゃダメ!親御さんが勝手に動くのがいいのです。

でも、本人にも決めさせたいし

0168001

まあ、そうですよね。実際に住むのは、息子(娘)さんですから、自分で選べるならば、その方がいいでしょう。

ですから、その時期に別の不動産会社で物件探しをしてみましょう。

大した物件もなく、対応もそれなりで、親御さんが抑えた部屋が、輝いて見えるはずです。

そうすれば、親御さんが抑えたお部屋が活きてきます。

それくらい、合格発表後の近辺不動産会社は、てんやわんやな状態です。

まとめ

今回は、親御さん向けに、書いてみました。早く動く際の注意点がひとつあります。

それは、

 

「家賃発生の時期をいかに遅らせることができるか。」

 

です。

基本的には、不動産会社は契約後、1ヶ月くらいしか待ってくれれません。入居が3ヶ月後なので、家賃発生も3ヶ月後。というわけではないのです。

そこで、交渉が必要です。いいなと思う物件があったら、いくつも抑えておき、一番条件のいいところを契約するのです。

管理会社が同じだと意味がないので、いくつか別の不動産会社で見ながら、管理会社が別の建物を複数抑えておくのです。

引越しでいう、相見積もりのようなかたちです。

選択肢が、いくつもあれば、交渉はうまくいきやすいので、まずは選択肢を増やすように動いていきましょう。

できる親は動いている。親御さん同士の戦いは、すでに始まっているのです。

あなたの、ご子息を信じて、動きだしましょう!

本日は、以上です。

著者投稿者 横川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連キーワード

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
ページトップ

引越し一括見積もり(無料)