お正月にちょっと太った人へ。10日で-2kg!コンビニ飯を食べても痩せた方法をお伝えします。

今日は、引越しネタが尽きたので、 ダイエットネタです。

このダイエットは、特別な方法は何もありません。器具も使いません。運動もしません。食べるものは、コンビニで買えるものだけです。

僕の体重は、年明けの1月4日時点で、67.2kgでした。そして、1月7日の時点で、67.6まで上がり、今日の時点では、65.6kgへ減りました。つまり、ピーク時からマイナス2.0kgとなります。この間に食べたものは、ほとんどコンビニで買いました。

0199004

2016年1月7日に正月太りの成果がでたのか、今年最高体重を実現する。

 

0199003

その9日後の2016年1月16日時点で、65.6kgを達成。9日で-2.0kg。ちなみに、1月17日時点も、65.6kgとキープ中。

 

そんな誰でもできるダイエット方法ですが、まあ、一般的に言われる糖質制限と、プチ断食を組み合わせたものです。

プチ断食とは?

年末に読んだ、この本の中に書かれていたものなのですが、簡単に言うと、最後に食べてから、18時間は食べない。ということです。

今、LIGさんでやっている、完全な断食とは違いますが、同時期に断食をやっていたので、親近感が沸きました(笑)

断食します。1日目。

例えば、夜の21時に食べた場合、次に食べるのは翌日の15時以降です。それまでは、食べない。つまり、朝食も昼食も食べずに、夕方に食べることになります。

飲み物は、清涼飲料水などの砂糖がたくさん入ったもの以外は、オーケーとしました。(自分の中で)

こちらの本では、バターコーヒーがオススメされていますが、作るのが大変なので、朝にカフェラテを飲むようにしています。

朝に、カフェラテを飲んで、仕事中は、お茶。それ以外は、お水か、お茶としました。コーヒーは、15時以降は摂取しないというルールも追加しました。(理由は、本の中に書いてあります)

そして僕の場合は、15時〜21時までは、食べてもいいとしているので、1食で持ちそうな日は1食で抑えて、ちょっとお腹が空いた日は、2食、食べちゃいます。

基本的に、コンビニがお友達なので、コンビニで買えるものしか食べないのですが、コンビニで食べるものは、以下の中から食べるようにしています。

・チキン(プレミアムチキンをよく食べます)
・焼き鳥(セブンイレブンの冷凍食品は美味しいですよ)
・サラダ(炭水化物が少なめのものを選びます。)
・卵(ゆで卵や、味つき卵をその日の気分で)
・おでん(卵、しらたき、ダイコンなどを中心に)
・豚汁(意外と炭水化物少なめでオススメです)
・するめ(ちょっと口惜しい時に。セブンのするめが一番美味しいです)

0199001

で、このプチ断食と、糖質制限をするだけで、あっという間に、体重が落ちました。

1日1食は、有名人もやっている

1日1食生活は、有名人も行っている方法です。

例えば、タモリさんや、ビートたけしさんや、水谷豊さんが、有名です。

え?おじいちゃんばかりで、代謝が悪いからできるんじゃないかって?

ひどいこと言いますね(笑)そんなことありませんよ!若い人でも、Gaktoさんや、福山雅治さんも、1日1食を実践しているようです。

仕事に集中できないのでは?

お腹が空いて、仕事に集中できないと思うかもしれませんが、これが意外にも逆でした。

つまり、多少お腹が空いている方が、集中できます。

言われれば、食後の13時〜14時は、眠くて仕方がない時がありますよね。それは、体内が消化することにエネルギーを使ってしまうからだそうです。

ですが、プチ断食をすることで、消化にエネルギーを使わないので、頭もシャキッとして、集中できるのです。

お金がかかるのか?

上記の通り、ご飯がコンビニで買っているので、ちょっと高いかもしれませんが、自炊でできるなら、かなりお安くなると思います。

ストイックにいくならば、チキンもササミだけで乗り切るなどの工夫はできますよね。

ですから、正直、コンビニでサラダ、チキン(焼き鳥)、卵、お茶を買っても、1,000円もしません。渋谷でランチを食べるだけで、1,000円近くすることを考えると、経済的にも優しいダイエットです。

このダイエットで一番重要なこと

それは、ストイックにやりすぎない こと。

だと思います。

例えば、このダイエット中でも、おかしの「きのこの山」をまるまる一箱食べた日があります。

どーしても、甘いものが欲しくなって、食べてしまいました。

ですが、まあ、仕方ないよね。

と、ある程度悟りの境地で、許すことが大事です。

 

他にも、ココイチでカレーを食べた日があります。人間の体ってすごいもので、その数日後、体重がちょっと上がるのですが、それでも、気にしません。

重要なのは、重く考えるのではなく、「できたら、プチ断食をやろう」。「できたら、糖質制限をしよう」程度の心構えでいることです。

でないと、長くは続きません。

 

今回は、どうしても、緊急措置的に、体重を落としたかったので、どちらかというと、ストイックに落としましたが、もっとゆっくりやるべきです。

ちなみに、僕の体型は、172cm、65.5kg(2016年1月17日時点)です。まあ、普通の体型になってきましたが、以前は76kgと、かなりお腹周りが、やばかったです(笑)

体重は、落とすよりも、キープする方が楽ですから、まずは、頑張って落として、そのあとは、のんびりキープしていきたいと思います。

でも、友達との食事や、飲み会などは、気にせずに行きますよ。それが、長く続ける秘訣ですから。

 

また、数字を管理することは重要です。

ですが、体重計の数字を毎日記録していくのは、面倒です。

そんな時は、wifiの接続設定しておけば、上の方の画面の様に、自動で記録してくれる体重計がオススメです。

僕はこれを使っています。

本日は、以上です。

著者投稿者 横川

引っ越し見積もり料金 簡易シミュレーション

  • 1引っ越し時期
  • 2移動距離
  • 3引っ越し人数
\
平均
 円
最安値
 円
最高値
 円
  • ※引越しラクっとNAVI ® の実際の引っ越しデータから算出しています。
    期間:2017年1月~2019年6月実績
  • ※引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。
    お引っ越しの際には、見積もり取得をお願いします。
ページトップ