電力自由化に向けて、東京電力がムケる。

東京電力管内の方々で気づいた人もいると思いますが、これまで東京電力からは、請求明細しか来ていませんでしたが、電力の自由化に向けて、このようなチラシが入っていました。

0162004

東京電力管内は、草刈り場と言われていますので、顧客流出を阻止するために必死です。もうこれだけで、電力自由化は、やってよかったんじゃないかと思えるくらいの変わりようです。

さて、このチラシの中にちょっと気になる絵がありました。下の画像の右側です。

0162005

2015年11月21日時点での、提携先は以前のエントリーと変わらずですが、

 

0131001

 

東京電力は、以下の企業との提携が発表されています。

・ソフトバンク
・TOKAIホールディングス
・日本瓦斯(ニチガス)

ポイント提携
・ポンタ
・Tポイント
・リクルート

と、発表されていますが、ここの家電業者の名前はありません。つまり、今後は中部電力とエディオンが提携を検討しているように、東京電力も家電量販店とタッグを組む予定なのでしょうか。

また、携帯電話もすでに提携済みのソフトバンクと限定せず、他にも含みがあるようにも見て取れます。当初から、docomo、auとも提携を進めていると噂されていましたから、ソフトバンクに限定されないようです。

ポイント連携については、明記されていますね。そして、早速、東京電力の運営する「でんき家計簿」へ新規登録すると、200ポイントがプレゼントされるようです。

この「でんき家計簿」(サービス名もわかりやすくていいですよね。)、結構良くできています。

これは、ボクのおうちの電気使用量の推移グラフですが、「見える化」の好きな人には、いいサービスです。

 

0162002

0162003

 

このように、最適なプランの提案もしてもらえます。
ですが!
残念なのは、このプランに変えると、いくらお得になるのか?がわかりません。

プランの特徴や説明は書いてありますが、結局、自分のお部屋の場合は、どうなるのか?というところまでわからないので、もしかしたら、もっと高くなるかも?となって、契約変更に踏み切ることができません。

まあ、頭のいい人たちが作っているので、その辺を狙っているのかもしれませんけどね!っと、うがった見方をしてみます。(笑)

そして、リクルートポイントとの連携も始まっていました!ポンパレモールとか、使ったことないんですが、ここから購入したものに対して、ポイントが付与されるようです。

0162001

うーん。この提携どうなんでしょう(笑)

まとめ

まだ、ポイント連携も始まったばかりですし、これからでしょうが、イマイチ、メリットを感じません。

まあ、僕自身が、Pontaも、Tポイントも、リクルートポイントも、集めていないからだと思いますが、Pontaや、Tポイントユーザーにとっては、毎月の電気料金でポイントもたまって、クレジットカードで支払えば、さらにカードのポイントもたまって、一石二鳥!

という感じでしょうか。なんにせよ、自由化された結果がユーザーのサービス向上に繋がっているのは間違いないので、どんどん規制を緩和してもらいたいですね。

というわけで、東京電力が、ひと皮むけたお話でした。

本日は、以上です。

著者投稿者 横川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連キーワード

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
ページトップ

引越し一括見積もり(無料)