一人暮らしの引越し料金っていくら?単身者の引越しを攻略してみた。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。

今日は、一人暮らしの人に向けて書いています。もう少し具体的に書くと、

・一人暮らしの人
・荷物量が少ない人
・単身パックでいいかな?という人
・そもそも、荷物量が多いかどうかわからない人

という人向けに、引越しを検討するにあたって、引越し会社を使ったほうがいいのか?自分たちでやったほうがいいのか?などの情報を書いています。

最後に簡単なフローチャートもご用意しましたので、ご覧ください。

まずは、自分の荷物量を知ろう

何はともあれ、荷物量を確認して見ましょう。通常、一人暮らしの一般的な荷物量は、ダンボール15箱程度 に収まるくらいです。

でも、ぶっちゃけ、ダンボール15個って想像できますか?初めてのお引越しだと、よくわからないのではないでしょうか?

そんな時は、アート引越センターさんのオフィシャルサイトでは、荷物量を入力するだけで、単身分より多いかどうかをチェックすることができます。

0332010
(出典:アート引越センターウェブサイトより)

この絵のように、荷物をどんどん入力していくと、家財メーターが溜まっていきます。そして、メーターが100%を越えると、訪問見積もりが必要になります。つまり、100%を越える荷物を持っていく予定の人は、単身分の荷物量よりも多いということです。

もし、荷物量を入力して、100%を越える場合は、単身よりも多いと判断して、引越し会社を利用する方がいいと思います。

単身パックとは?

一人暮らしの人がメインで考えるべきは、この単身パックではないでしょうか。そして、そもそも「単身パック」ってご存知ですか?

単身パックで有名なのは、ヤマトホームコンビニエンスさんと、日本通運さんの物流系引越し会社が単身向けのパッケージプランを持っています。

上記のツイートのような、カーゴ1つの中に入る分だったら、1カーゴいくら。という感じで荷物を運んでくれます。

このカーゴ、意外と荷物を積むことができまして、ヤマトホームコンビニエンスさんのオフィシャルサイトでチェックすると、

0332011
(出典:ヤマトホームコンビニエンスオフィシャルサイトより)

・冷蔵庫(2ドア)
・全自動洗濯機(4kg)
・電子レンジ
・ダンボール 10箱
・衣装ケース 3個
・布団袋 1袋
・スーツケース 1個

こんなにも運ぶことができて、12,000円〜という低価格。

その他の家電なんかを自分の車で運ぶことができる人は、非常にいいプランですよね。他にも、寮に入る人で、あまり家電を持っていけない人も、利用しやすいでしょう。

宅配便という手もある

0332013

さらに荷物が少ない人は、宅配便で送ってしまうという手もあります。

ダンボールで梱包できるものだけに絞られますが、家具家電付きの物件に引越しをする場合、食器と服と本くらいしか持っていかないよ。という人も多いはず。

そんな時は、引越しというよりも、宅配してしまいましょう。

赤帽という手もある

単身パックでは乗り切らない大きな家具や家電がある場合、引越し会社にお願いするしかありませんが、とはいえ大きな家具以外は、荷物が少ない人は、「赤帽」という手もあります。

このツイートのようなトラック、街中で見かけることも多いのではないでしょうか?

これに乗る分なら運んでもらえますので、シングルベッドや、大きめのテレビや、デスクを運びたい人で、それ以外の荷物量が少なめの人は、赤帽さんにお願いしてみるのもいいでしょう。

気になる料金は、東京などの首都圏の場合

作業時間2時間以内・走行距離20Km以内の場合 13,500円
(1台1行程・ドライバー1名、土曜・日曜・祝祭日は2割増)

0332012
(出典:赤帽オフィシャルサイトより)

レンタカーという手もある

どこかのレンタカー会社で借りてもいいのですが、どうせなら、トラックに特化したサービスを利用してみてはいかがでしょう。

ハコベルというサービスがあります。

こちらのサービスは、トラックを保有するドライバーさんとをマッチングさせるビジネスなので、トラックだけでなく、ドライバーさんも付いてきます。とはいえ、引越し作業はやってもらえませんので、自分たちで引越し作業を行う必要があります。

0332014
(出典:ハコベルオフィシャルサイトより)

安いのですが、カーゴ便の場合、冷蔵庫などの家電は運んでもらえませんので、注意が必要です。

使い方としては、時間で借りることができるので、退寮の際に複数人でまとめて借りて、いろんなところに運んでもらうという使い方がしっくりきそうです。

 
ここで、注意。

レンタカーや、赤帽さんで引越しをする場合、基本的には建物を保護する養生を行なってくれません。ですので、ぶつけて建物に傷をつけないように荷物を運ぶ必要があります。

面倒臭くなったら、引越し会社に依頼してみるという手もある

と、ここまで色々とみてきましたが、面倒だな。と感じたら、引越し会社へ見積もりを取ってみましょう。引越し会社へ依頼するメリットは、責任を持ってもらえるということです。

前述の通り、建物を傷つけないように、養生をしたり、家具や家電を壊した場合、保険を使って保障してもらえます。それに加えて、梱包作業だけをしておけば、あとは勝手に運んでくれます。

友達にお手伝いをお願いして、そのあとにご飯を奢ったりする金額を含めると、もしかしたら、引越し会社へ依頼する方が安くなることも十分にあります。

特に、相見積もりを取ることで、引越し代金は安く抑えることができますので、1度のやりとりでカンタンに相見積もりを取るサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

ひとくくりに単身者と言っても、荷物の多い単身者、荷物の少ない単身者、荷物は少ないけど大型家具を持っている単身者、など、人により家具家電の量は様々です。

特に、寮に入る人や出る人は、荷物が特に少なかったり、同時に友達と一緒に引越しだったりと、条件が一般的な引越しに比べて変わっています。

ですから、自分らしいお引越しを見つけてみてくださいね。

まとめると

0332015

こんな図になりますね。

でも、よくわからないよー!という人は、私たちのサービスに登録してもらえれば、サポートセンターと相談しながら、見積もりを取ることができますよ!

著者投稿者 横川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連キーワード

引っ越し見積もり料金 簡易シミュレーション

  • 1引っ越し時期
  • 2移動距離
  • 3引っ越し人数
\
平均
 円
最安値
 円
最高値
 円
  • ※引越しラクっとNAVI ® の実際の引っ越しデータから算出しています。
    期間:2017年1月~2019年6月実績
  • ※引越し見積もり料金や、実際の引越し料金を保証するものではありません。
    お引っ越しの際には、見積もり取得をお願いします。
引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
ページトップ