引っ越しラクッとナビ

お部屋探し、引越し業者からネット回線、不要品処分まで。
引越しに関することなら引越しラクっとNAVI

マイページ
引っ越し面白ネタブログ

引越し屋さんの「保険に加入しているから大丈夫!」は信じてはいけない。

« »

投稿者:横川

0225001

3月です!

多くの人がお引越しを依頼するので、とにかく混み合います。

 

なんども繰り返しで申し訳ありませんが、3月末の週末と、4月最初の週末は1年でイチバン料金が高い日程です。

今年でいうと、3月26日(土)27日(日)や、4月2日(土)3日(日)です。

この時期のお引越し料金は、閑散期の 3倍 は当たり前だと思ってください。(涙)

ですが、この3倍の料金でも、引越しをしたい!という人はたくさんいます。転勤などで日程をずらせない人たちは、会社のお金ということもあって、この時期に移動するのです。

 

そのため、引越し会社にとっては、かき入れ時なのですが、この3月末〜4月頭にかけて、料金だけでなく、1日の作業量も増えます。

例えば、閑散期は、単身のお引越しであれば、2〜3件/日の作業を行いますが、繁忙期は、4〜5件のお引越しを行います。

最初のお引越しは、朝の8時から開始、最後のお引越しは、夜の9時に作業開始ということもよくあります。

 

こんな作業環境ですから、この時期、荷物の取り扱いが 雑になります。

引越し会社さんは、全力で否定しますが、真実です。

 

だって、人間だもの。

 

そういった意味では、朝からのお引越しの方が、スタッフが元気なので、安心感がありますが、一番人気の朝からの時間指定をすると、ベラボーに高くなりますよ!

参考:荷物を減らすだけじゃ引越し料金は下がらない!料金を下げる3つのポイント

朝から作業して、夜まで動き続けて、ダンボールを置く際に、朝一の作業と最終の作業では、ちょっと雑になっても、仕方ないと思うのですが、お客様の立場から考えると、そんなことは、関係ありません。

それはわかります。ですから、万が一に備えて、保険があるのです。

2つの保険

1.運送業者貨物賠償責任保険

この長い名前の保険は、引越し業者が荷物を輸送中に(保管中も)損害を与えた場合、賠償責任を負うために、加入している保険です。補償金額は1,000万円となります。

こちらは運送業者(引越し業者)が加入している保険ですので、あなたが保険料を支払う必要はありません。

2.引越し荷物運送保険

こちらは、あなたが支払う保険料で、お見積りにも、「保険代1,000円」といった名目で提示されていると思います。これは、個別に契約しているのではなく、民間の保険会社と引越し会社の間で、年間の包括契約でお客さんに提供していることが多いです。

つまり、あなたが入りたい!とか、入りたくない!なんて言っても、引越し会社の包括契約の中にあるので、選ぶことはできません。まあ、ほとんど引越し会社が加入していますが。。。

ですから、前述の運送業者貨物賠償保険で1,000万円まで補償されていますので、引越し荷物運送保険は、それに加えての保険となります。

引越し貨物運送保険も、1000万円程度、補償されている契約になっていることが多いので、実質2000万円くらいの補償が期待できます。

 

ですが、ここで問題があります。

使ってはいけない保険契約

どんな保険もそうですが、引越し会社のマネージャーは、保険を使ってはいけないと教育されています。

それは、この保険を利用すると、翌年の保険料が 莫大 になるからです。

引越し業界15年のベテランマネージャーに聞いてみましたが、きっぱりと「(社内がこわくて)利用できません。(笑)」と言い切りました。

例えば、従業員からの訴訟でもめている某引越し会社も、お客さんの荷物を壊した時に従業員に料金負担をさせていましたよね?保険で払うと、翌年の保険料がすごいことになるので、従業員に負担させているわけです。

笑い事ではないのですが、保険があるから大丈夫!という言葉は、鵜呑みにはできませんよ。

保険に加入すれば安心なわけじゃない

0209028

ですが、保険に加入したとしても対象外となるものがあります。

・現金、手形、小切手、株券などの貨紙幣類。
・有価証券
・貴金属、宝石類
・生動物
・商品及び営業用什器、備品

といったものは、補償の対象外となります。自分で運びましょう。

他にも、よく一般のお家にある家財では

・楽器
・パソコン
・美術品、骨董品

については、補償の対象外となります。例えば、パソコンはパソコンの画面が割れたとか、物理的な破損は補償の対象となりますが、中に入っているデータについては補償の対象外となります。

例えば、壊れてしまったパソコンで仕事をしているので、仕事ができなかった期間の営業補償などは できません。

美術品は、美術品専門の運送会社がありますので、高額の美術品や骨董品は、専門業者に任せましょう。高額品用の保険がありますので、そちらに任せるのがベストです。

美術品の運搬は、ギャラリーフェイクという漫画にも書かれていたことを思い出しました。(笑)

まとめ

というわけで、3月は荷物の取り扱いが雑になりがちです。

雑になった結果、壊れてしまうというトラブルも発生しやすくなります。

引越し会社の支店長は、クレーム対応がメイン業務とは、よく言ったものです。

引越しを受注するために、「保険があるから大丈夫ですよ!」という、営業マンもいますが、利用されない保険 にどれだけの効果があるのでしょうか?

保険については、保険を使ったかどうかを営業マンに聞いてみるのも、一つの手です。というのも、一度使ってしまえば、その年は何でもかんでも保険で補償という考えになるケースが多いです。保険ついては、引越し会社に聞いてみましょう。

見積もりに入れる会社もありますし、書かずに入っていることもあります。(ほとんど会社は保険代金として見積もりには入れていません)大手や法人対応をしている引越し会社は、保険に入っていないことはありませんが、名もなき中小引越し会社は、加入しているかどうかは、不明です。。。

名もなき中小が200社!!という比較サイトがありますが、果たして大丈夫なのか・・・

本日は、以上です。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

引越し屋さんのトラックに同乗して、新居へ移動したい人へ

こんにちわ。引越しラクっとNAVIの横川です。今日は、引越しのトラックに同乗しようとした男のお話をお伝えします。 見積もりの際に、同乗OKをもらえた その男にとっては、人生初の引越 ···続きを読む

そんなのあり?非常用簡易トイレの新しい使い方を聞いてきた

みなさん、コチラなんだかわかりますか? まあ、タイトルでばれてるわけですが、正解は非常用の簡易トイレです!! 浮世絵柄になっていて、一見なにか、わかりませんよね。シャレオツですね! ···続きを読む

解禁されてもクローズされる、Airbnb。うちのマンションが、Airbnbに感染しました。

先日、こんな記事が人気になっていました。 「Airbnbがホテル業界を駆逐する可能性」をゴールドマンサックスが指摘 衝撃的に「駆逐」という表現を使っていますが、日本でも駆逐される日 ···続きを読む

消費者庁の引越しに反対する人に反対する。

2016年3月14日に、消費者庁長官が、「お試し移転」をスタートしました。 地方移転へネット活用 長官ら徳島で試しの仕事 いよいよですね!個人的には非常に楽しみですが、相変わらず、 ···続きを読む

日経新聞の、引越し代金がネットの見積もりで下落している。は、本当か?現場と記事の相違点を探ってみた。

3月12日、日本経済新聞に、お引越しに関する記事が掲載されていました。 引っ越し代金、ネットでの見積もり普及で下落続く 会員専用の記事かもしれませんが、要約すると ・ネットの一括見 ···続きを読む

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
電子書籍プレゼント!
マンガで分かる引越しのコツらくっとシスターズ

役に立つ引越し情報をお届けします!

LINE@ 引越しラクっとNAVI

スマホの方は
QRコードを
読み込んですぐに友だち登録が完了!

カレンダー

2018年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

新着記事

【PR】生きるということは、いろんな荷物を背負うこと
こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。 みなさん、生きてますか 続きを読む
その防災グッズ、あなたにとって本当に必要?100円ショップでオリジナル防災セットを作ってみた【2018版】
2018年9月現在思うこと。今年は『災害が非常に多い!』 1月~3月 記録的大雪(珍しく東京に大雪が 続きを読む
転職希望者に求められる数字とは? 株式会社リベロでは共に会社を作っていく正社員を募集中です。
新卒採用も中途採用も売り手市場になり、企業にとっては優秀な人材を採用することが難しい世の中になってき 続きを読む
北海道胆振東部地震による各引越会社の対応状況(2018.9.7現在)
このたびの北海道胆振東部地震につきまして、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 2018年9 続きを読む
防災の日にできること。備えたい防災グッズや非常食・保存食をまとめました。
9月1日は『防災の日』。当ブログでは過去に何度も防災グッズや非常食、保存食などの記事を書いてきました 続きを読む
引越し完全マニュアル
ページトップ