使うカードはこれ1枚。面倒くさがりな人向け、ポイントカード攻略術。

0278002

ちょっと前ですが、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで、日本人の92%以上の人が、何かしらのポイントを貯めているというニュースを見ました。

確かに、ファミリーマートで嫌というほど聞かれる、「Tポイントはよろしいですか?」をはじめとして、ローソン陣営の「PONTA」、ドコモの「dポイント」など、共通ポイントが氾濫しています。

でもこの3つのポイントですが、僕の場合は、Tカードは以前に作ったことがあるのですが、ほとんど利用なし。ポンタは今回のエントリーのために作りましたが、dポイントは保有していません。

さらに、これだけでなく、楽天商圏で貯めることができる、楽天スーパーポイントや、先日も20%ポイント還元していた、Amazonポイント、ANAやJALのマイレージなんかも、一種のポイントですよね。

と、確かに92%以上の人は、何かしらのポイントを貯めているんだろうなーと思いました。

 

そこで、本格的にポイントを貯めれば、引越しでかかる費用を少しでも浮かせることができるかも!と思い、どれがイチバンお得なのか?と、いろいろと調べていたのですが、調べれば調べるほど、

 
面倒くさい。 ことがわかりました。
 

例えば、このコンビニでは、このカードを利用するのが、お得だ。とか、この書店では、このブランドのカードを使うとか、状況によってカードを使い分ける必要がある上に、ポイントカード、プリペイドカード、クレジットカードが混在していて、本当に大変。

特に、マイルへの換算を考えると、どこのポイントを経由するかによって、還元率が変わるので、素人には手を出せない世界があることがわかりました。(笑)

ポイントを貯めることに執着心があれば、そのハードルを越えることができるのかもしれませんが、それほど執着心がない僕のような人間には、ちとつらいものがあります。

 

でもね、おなじ労力ならば、多少のポイント優遇は受けたいじゃないですか。

そこで、今回は僕のような面倒くさがりな人でもできる、超かんたんなポイントカードの使い方をお伝えします。

使うカードはこれ1枚

前述の通り、状況によってカードを使い分けることがお得なことはわかりますが、やはり面倒です。財布に何枚もポイントカードを入れていると、厚みがすごいことになりますしね。

そこで、今回ご紹介するカードは、こちら。

LINE Payカードです。

0278004

 

このカードを利用するには、事前登録が必要ですので、LINEのアプリ内から、申請をしましょう。だいたい、1週間〜10日程度で手元に届くはずですよ。

このLINE Payカードの特徴は、ポイント還元率が、2% であることです。

還元率の良いポイントカードやクレジットカードでも、1%還元が多い中、LINE Payカードは、倍の2%です。

 

さらに、使用用途としても、スタンプの取得(LINEコインを経由)はもちろん、電子マネーへの変更(1,000円単位)や、友達との割り勘の際の送金への充当など、使い切ることが簡単 な点が魅力的です。

クレジットカードのポイントなどで、商品と交換することができたりしますが、全然魅力のない商品ばかりで、ポイントを貯める魅力がないケースもありますしね。

使い方や、メリットを調べる

使い方は、非常に簡単。

LINE Payカードは、プリペイドカードですので、SuicaやPASMOと同じで、チャージをして利用するだけ。

 
これだけなんです。

ね?簡単でしょ。

 

ちょっと比較してみましょう。

出金時期判定 ポイント 判定
プリペイド+ポイントカ−ド事前に支払い×2〜3%
現金+ポイントカ−ド購入時に支払い0〜1%×
クレジット+ポイントカ−ド後日支払い0.5〜2%

この表では、ポイントカードで1%分のポイントが付く計算をしているので、現金や、プリペイド、クレジットでのポイント付与は、1%を引いた数値となります。
(例:クレジットカードで2%のポイント付与は、ポイントカード1% + クレジットカード1%といった組み合わせで合計2%という計算をしています)

このように、キャッシュフロー的には、後日支払いのクレジットが最強です。カードによっては、ポイントも付きますしね。(ちなみに1%還元のポイントは、還元率が高い方ですので、通常は0.5%程度です)

ですが、ポイント還元の観点で見ると、プリペイドカード(というか、LINE Payカード)が最強になります。キャッシュフローが悪くなるというデメリットもありますが、そもそもカードを持てない学生や、使いすぎが怖い人は、プリペイドで入金した金額までしか使わない!というルールを作り、自己管理できるという面でも、プリペイドは価値があります。

 

さらには、どこのコンビニエンスストアであっても、2%のポイント還元を受けることができるのは、大きいです。ローソンだとPONTA、セブンイレブンだとnanaco、ファミマだとTカード、サークルKサンクスだとRポイント、といった感じで、使い分ける必要がないのが、ものぐさには重要です。

 

さらにさらに、ポイントカード = 決済カードですから、ポイントを貯めつつ、支払いができるのです。ポイントカードと、決済用のカードを2つ出すのは、面倒じゃないですか?ポイントカードと、現金を出すもの面倒じゃないですか?僕はかなり面倒だと思っているので、財布の中のTカードは、ファミリーマートでほとんど出すことはありません。

ですが、LINE Payカードであれば、支払いをしつつ、自動でポイントが貯まるので、特にポイントを貯めている感覚がないまま、自動でポイントがたまるのが嬉しいです。

デメリット

0278003

とはいえ、デメリットもあるでしょ?と思い、調べてみました。

すると、現時点でのデメリットは、チャージ方法にあると言えます。

チャージの方法は、

銀行口座
コンビニ
Pay-easy
オートチャージ

の4種類あります。が!

 

銀行口座

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、の6行しか対応していません。本来、親和性の高いネット銀行が軒並み入っていませんので、ちょいと面倒です。

 

コンビニ

0278001

コンビニでのチャージは、セブンイレブンとデイリーストア以外の大手コンビニでは対応できるようです。

ですが、チャージの方法が、各コンビニにある発券端末を利用する必要があります。

いわゆる、ローソンでいう、ロッピーや、ファミリーマートでいう、Famiポートです。

これ、いろんなことができすぎて、どう使っていいのかわかりにくいので、非常に使いにくいんですよね。。。

駅の券売機でチャージできるSuicaやPASMOと同じで、簡単にチャージできるようになれば、もっと使いやすいのですが、、、

 

Pay-easy

Pay-easy(ペイジー)でも利用可能ですが、どのくらいの人が、ペイジーを知っていて、利用しているのでしょうか?

僕は、まったく利用経験がありませんので、ペイジーを利用している人はチャージの際に使ってみてはいかがでしょうか?

程度のコメントで収めたいと思います。

新しいLINE Payの仕組みを理解するだけでも大変なのに、さらにペイジーまで理解してアカウント持って。というのは、ハードルが高すぎます。

http://www.pay-easy.jp/index.html
 

オートチャージ

オートチャージは、前述の銀行口座から、指定金額を下回った際に、自動でチャージがされる機能です。

これは、楽でいいですよね。ただし、利用出来る銀行は前述の6行に限りますが。。。

ですから、メガバンクをメインバンクに利用している人にとっては、まあいいのかなぁと思います。

 
というわけで、LINE Payカードは、チャージに難があると言えます。

ですが、それを補うほどの、ポイント還元率である事も確かです。

デポジット(プリペイド)や、クレジットについての考え方(メリットと取るか、デメリットと取るか)は、個人個人で違うと思いますから、一概には言えませんが、デポジットをデメリットと捉えなければ、プリペイドのLINE Payカードも利用しやすいですよね。

まとめ

そんなわけで、今回は、ものぐさな人向けの、ポイントカードとしてLINEカードをご紹介してみました。前述の通り、これ1枚で、コンビニ各社で、等しく2%のポイント還元を受けることが可能です。

利用シーンによって、カードを使い分ける必要がないのが、嬉しいですよね。JCBのカードが使えるお店ならば、コンビニだけでなく、スーパーや飲食店など、どこでも利用出来るのも、プラスです。

今回のメリットをまとめると、

 

・1枚のカードで支払いとポイントをためることができる
・ポイント還元率が最高水準
・JCBのカードが使えるお店ならばどこでも利用出来る
・LINEのスタンプや、電子マネーに交換できるので、ポイントを使いきれる

 

という点です。

言い換えると、

1枚で支払いとポイント取得ができて、いろんなお店で利用できて、ポイントがたまりやすく消費もしやすい。

とも言えます。

 

そして、これはプラスアルファとしてですが、LINEカードで支払いをする際に、ローソンならばPONTAカードでポイントをゲットすることもできます。

つまり、LINE Payカード(2%) + PONTAカード(1%)の合計3%ゲットすることが可能なのです。

まあ、ものぐさには、このプラス、ポイントカード提示が面倒なのですが・・・でもできるけど、やらない。というのと、できない。というのは違うので、できることに越したことはないですね。

 

LINE Payカード+ポイントカードでの決済は、現金で購入するよりも、3%もお得になるって素晴らしい。僕なんかは、ほぼ毎日、コンビニでご飯を買っていますので、1日1,000円としても、月に20,000円は利用しているはず。すると、20,000円の3%で、600円分のポイントが毎月、貯まるわけですから、スタンプに交換してもよし、好きなあの子にスタンプをプレゼントしてもよし、と最高ですね!

もっと言えば、自分が保有しているクレジットカードでオートチャージができれば、最強の1枚となるので、LINEさん、よろしくお願いします!

 

ものぐさな人向けの、ポイントカード攻略法、いかがでしたでしょうか?

2016年5月現在では、こんな状況だと思いますが、またどこかのタイミングで、ポイントについても考えてみたいと思います。今回のエントリーが気に入れば、ものぐさポイントライフを試してみてくださいね。

 

あと、引越しでもポイントは貯まります。そんなことをまとめたエントリーがこちらになりますので、良ければこちらもご覧ください。

本当にお得?引越し会社が対応するポイント一覧と、ポイントの仕組みについて考える。

本日は、以上です。

著者投稿者 横川
ページトップ