引っ越しラクッとナビ

お部屋探し、引越し業者からネット回線、不要品処分まで。
引越しに関することなら引越しラクっとNAVI

マイページ
引っ越し面白ネタブログ

「引越しの日」にちなんで、天皇陛下の京都から江戸へのお引越し費用について考えてみた。

« »

投稿者:横川

0128001
(Wikipediaより)

10月13日は、「引越しの日」

10月13日は、引越しの日!なんですが、知っていましたか?Wikipediaによると、

明治元年旧暦10月13日(グレゴリオ暦1868年11月26日)に明治天皇が京都の御所から江戸城(現在の皇居)に引越ししたことにちなんで、引越専門協同組合連合会関東ブロック会が1989年に制定。

というわけで、大政奉還によって、江戸幕府から明治天皇へ政権が移ります。江戸幕府の繁栄によって、江戸の町は栄えており、日本はもとより、世界の中でも大規模な町として存在を示していましたが、倒幕されたばかりの江戸の町は情勢が安定しておらず、大坂を政の中心地とすべきだと、検討されていました。

ところが、大坂への政の移動は京都から近いので大坂は衰退しないであろうという判断と、江戸は今現在は栄えているが、政が京都に移ると衰退する可能性がある。世界の中でも大きな町のひとつとなっていた江戸を衰退させないために、政を江戸で行うべきだ。という流れになります。

そこで、上記の通り、明治元年の10月13日に、大政奉還を受けた天皇が、京都から江戸城へ、お引越しを行うことになりました。その後、江戸城という名称を、東の京、東京城へ変更します。

天皇陛下の京都から江戸城への引越し、いくらかかるのか?

0106002

ちなみに、このお引越し、どんな規模で行っていたかというと、同じくWikipediaによれば、

明治元年9月20日に京都を出発して東京に行幸した。岩倉、議定・中山忠能、外国官知事・伊達宗城らをともない、警護の長州藩、土佐藩、備前藩、大洲藩の4藩の兵隊を含め、その総数は3,300人にも及んだ。天皇は同年10月13日に江戸城へ到着、江戸城はその日のうちに東幸の皇居と定められ東京城と改称された。

つまり、京都から江戸までを23日間かけて約3,300人が移動したわけです。以前にお伝えした、大名行列よりも規模が大きく(天皇なので当然ですが)今の貨幣に換算すると、見当もつきませんが、以前のエントリー(大名行列)では、1,200人が1.5〜2ヶ月で、17億円と試算していますので、これをベースに考えます。

かかる人員数は、2ヶ月(60日)x1,200人=72,000人として、これを17億円から割ると、23,600円/人かかります。ですので、これを天皇陛下の京都から江戸までの移動日数x人員数にかけると

23(日)x3,300(人)x23,600(円)=約18億円となりました!

実際には、各大名の付き人よりも、位の高い人達がたくさん同行していますので、もっと費用はかかっていたかと思いますが、それでも引越し費用としては、莫大な金額となりますね。

転勤のルーツは江戸時代にあり?!江戸時代の転勤に関する引越し費用を調べてみた。

そして、衝撃の事実。日本の首都は東京じゃない?!

と、Wikipediaで歴史を漁っていると、衝撃の文章が。

現行の法令で「首都」について直接的な表現を用いて定めるものはない。

とのこと。生まれてこのかた、日本の首都=東京という認識だったので、かなり衝撃を受けました。まあ、定められていないというだけで、実際には東京=日本の首都と認識されていますし、中学の地理の時間にも、そう教わりましたよね。

またまた、Wikipediaによると

東京と京都の両京制(東西両都)などの面から首都の議論があり、現在も法律上では「どの都市が首都であるか」という明確な定義がなされていないため、「首都は現在の首都圏にある東京である」という意見の他、「現在も京都と東京という2つの首都が並存している」「京都が正式な首都である」等、様々な首都論・首都認識がある。

 

なんて、あいまい!なんて、ファジー!

 

そして、引越しの日の元となった、京都から江戸城への引越しですが、京都の人々の反対があり、政府から「東京だけでなく、様々な土地へ天皇陛下は行くことになるが、長く住んでいた京都は大切に思っている」というお達しを京都府より発令し、民衆の反発を抑える努力をしていたそうです。

そんな理由から、京都から江戸への引越しを「遷都」という表現を避け「東京奠都(てんと)」と表現しました。

都を移動(変更)するのが遷都ですが、奠都(てんと)とは都を新たに作るという意味だそうです。つまり、明治元年、京都という都とは別に、江戸に新たに都を作り、それを東の都(京)として、東京と名付けたようです。

まとめ

まとめというか、引越しの日を調べただけで、東京が首都という法的根拠がないという衝撃を受けることになった、今回のエントリーですが、知らなかった人も多いのではないでしょうか?

タイトルを、東京は首都じゃなかった。みたいな感じにするかどうか、迷ったんですがこのブログは引越しを中心にしているので、今回のタイトルでいくことにしました。でも、引越し費用よりも、首都の方が衝撃大きくないですか?(笑)

連休明けで、頭がまだビジネスモードじゃない人もいると思うので、このエントリーでリフレッシュ(?!)して、今週もがんばりましょう!

本日は、以上です。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

冷蔵庫の中身も運んじゃう?シニアならではの引越し事情

前回に続いて、ハート引越センターの村山さんと安部さんにお話をおうかがいします。今回は、シニア向けの引越しで気をつけるポイントです。 シニア向け引越しのポイント 横川 料金が変わらず ···続きを読む

インターネット回線を通信キャリアで選んじゃダメな理由

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。 今日は、引越し先のインターネット環境を整えるためのポイントをお伝えしましょう。最初に言っておくと、引越 ···続きを読む

住んでいる街ランキングが納得できた件と、失敗しない引越し先を決める方法

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。最近は、日経新聞による、引越しの記事が多くてびっくりです。有料会員向けの記事ですが、無料会員でも月に10 ···続きを読む

自腹を切って使ってみた!国内出張で役立つグッズ総まとめ【2016年10月更新】

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。 今日は出張に役立つグッズをまとめました。このエントリーは常に新しいものや、役立つグッズがあれば、追加で ···続きを読む

【実録、本社移転シリーズ】Vol.4:できる総務はやっている!総務部が本社移転前にやること15選

単なるオフィスの引越しであれば、家財というか、法人でいうところの什器を移動して終了となりますが、これに本社移転の手続き関係を加えると、非常に面倒な手間がかかります。 毎年発生するこ ···続きを読む

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
電子書籍プレゼント!
マンガで分かる引越しのコツらくっとシスターズ

役に立つ引越し情報をお届けします!

LINE@ 引越しラクっとNAVI

スマホの方は
QRコードを
読み込んですぐに友だち登録が完了!

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

新着記事

引越会社に聞いた、2019年も #引越し難民 がなくならない3つの理由と3つの対策
2018年、メディアを騒がせた「引越し難民」というキーワード。その名の通り、引越しがしたくても引越会 続きを読む
20秒でわかる!?『引越しラクっとNAVI』の歴代お役立ち&おもしろ動画たち
すっかりお久しぶりのブログになってしまいましたが、ついに! 引越しラクっとNAVIのサービス紹介動画 続きを読む
【12/29~1/3】サポートセンター 冬期休業のお知らせ
当サービスのサポートセンター冬期休業のお知らせです。 引越しラクっとNAVI・転勤ラクっとNAVIの 続きを読む
【PR】生きるということは、いろんな荷物を背負うこと
こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。 みなさん、生きてますか 続きを読む
その防災グッズ、あなたにとって本当に必要?100円ショップでオリジナル防災セットを作ってみた【2018版】
2018年9月現在思うこと。今年は『災害が非常に多い!』 1月~3月 記録的大雪(珍しく東京に大雪が 続きを読む
引越し完全マニュアル
ページトップ