マイページ
引っ越し面白ネタブログ

防災セットを自作してみて分かった、買って準備をすることよりも大事なこと。

« »

カテゴリ
投稿者:横川

ここまで、地震保険や、家財の耐震対策などを紹介しました。災害時に対する準備はできていますか?使い古された言葉ですが、「備えあれば憂いなし。」最近、地震が増えていますので、来たるべきその日が来る前に、準備をして備えておきたいものです。

購入できる防災バック

手っ取り早く準備をする場合、一番簡単なのは、防災セットを購入することです。インターネット上でもたくさん販売されています。

例えばこちら
・グッドデザイン賞受賞「地震対策30点避難セット」

0056001

・被災者の声を元に、避難生活で必要となるアイテムを厳選
・総重量 約5kgを実現
・満足度アンケートでは満足が9割を超える
・非常持出袋として初めてグッドデザイン賞を受賞。
・中身は計30点!!

などなど、こちらの商品のお値段19,800円で通販で購入できます。専用の非常用持ち出し袋(リュックサック)を除けば、自分でも調達できそうな気もします。ちなみに、専用のバックのスペックは

・背負いやすい幅広方ベルト。収納ホック付
・防火、防水素材、止水ファスナー構造。
・反射材や光る畜光材を搭載。
・防災用品と一目でわかるグッドデザイン。
・収納充実、自立するスタンド型

0056002

となっています。このバックは、10,000円で販売されていますので、中身の料金が30点で、9,800円分の防災グッズが入っているということになります。グッドデザイン賞を受賞とのことですが、まわりがこのバックだらけだと、逆に誰のバックかわからなくなって、困る気もします。そこで、今回は地震対策30点避難セットを自分でそろえると、いくらになるのか?を調べてみました。

先駆者でありますグッドデザイン賞受賞の「地震対策30点避難セット」を参考にさせていただきますので、まずは敬意を込めて「地震対策30点避難セット」を購入してみました。

セット内容はこちら

★ 非常用持ち出し袋
(1) 携帯電話充電ダイナモ多機能ライト
(2) 災害備蓄用5年保存水 500ml×4本
(3) 5年保存カンパン 110g×3個
(4) 食品加熱袋
(5) 加熱材
(6) 非常用簡易トイレ ×3個
(7) アルミブランケット
(8) アルコール除菌スプレー
(9) ナイフ
(10) エアーまくら
(11) アイマスク
(12) 耳栓
(13) スリッパ
(14) 非常用給水袋 3L
(15) 水のいらないシャンプー
(16) 緊急用呼子笛
(17) レジャーシート
(18) 軍手
(19) 非常用ローソク、
(20) マッチ
(21) 布ガムテープ
(22) レインコート
(23) カイロ×2
(24) 三角巾
(25) 乾電池 単三×4
(26) マスク
(27) 救急ポーチ(綿棒 カット綿 ピルケース 絆創膏)
(28) ウェットティッシュ
(29) 緊急時連絡シート(アドレス帳)
(30) 防災アドバイスブック

0056003

携帯電話充電ダイナモ多機能ライトについてもおすすめ商品として詳しくピックアップされていたのでこちらのスペックも記載。

・携帯電話、スマホ充電(iPhoneは4Sのみ対応)
・3灯式LEDライト
・FM・AMラジオ
・非常サイレン+ライト点滅
・手回し充電式(USB充電も可能)

今回の自作パックは、非常用持ち出し袋(リュックサック)と、多機能ライトの二つを、どれだけ高性能で安く購入できるかがカギになりそうです。

(30) 防災アドバイスブック に関しては防災局などでPDFデータのダウンロードページを用意していますので、お住まいの各地域ごとに用意しておきましょう。ダウンロードはもちろん無料です。

東京都の東京都防災ホームページがこちら。

100円ショップへ行ってみた

まずは、庶民の味方、100円ショップで揃えられるだけ、揃えてみましょう。調べてみると、30点のうちの大半が100円ショップで購入できそうです。

IMG_7682

おおおお!100円ショップすごい!
リストの中で購入できた100円商品はこちら。
(7) アルミブランケット
(8) アルコール除菌スプレー
(9) ナイフ
(10) エアーまくら
(11) アイマスク
(12) 耳栓
(13) スリッパ
(14) 非常用給水袋 3L
(16) 緊急用呼子笛
(17) レジャーシート
(18) 軍手
(19) 非常用ローソク、
(20) マッチ
(21) 布ガムテープ
(22) レインコート
(23) カイロ×2
(24) 三角巾
(25) 乾電池 単三×6
(26) マスク
(27) 救急ポーチ(綿棒 カット綿 ピルケース 絆創膏)
(28) ウェットティッシュ
(29) 緊急時連絡シート(アドレス帳)

おどろきの、計26点が100ショップで買えました!100円ショップ凄すぎます!
※救急ポーチは、ポーチ本体、綿棒、カット綿、ピルケース、絆創膏の計5点を個別に購入しています。

商品ピックアップ

給水ボトル3L
IMG_7207
IMG_5389
お店の札でも人気商品!と押し出されていたこちらのボトル。織り畳んだ状態はかなり軽量でコンパクト。こちら2Lタイプもありましたが3Lタイプのほうが断然人気のようです。

IDカード付のホイッスル
IMG_5384

こちらも人気商品の札がついていました。IDカードに情報を記入したらくるくるっと丸めて入れることができます。
IMG_5386

保温アルミシート
IMG_5407
1枚のかなり大きなシート状で、大人一人がすっぽり包まれるくらいゆったりサイズです。質感はアルミですが結構上部そうな手ごたえで意外と柔らかい。しかし結構ガサガサと音がします。
IMG_5397

突然の雨や防寒で包まって使ったり、布団やマットの間に入れて保温対策などなどに。

残念なことに、100円ショップ内には「防災グッズコーナー」と称した専用コーナーなどは無く、各商品は店内にバラバラに置かれていました。いろいろ探しながら、ゲットしてください!

Amazonで買ってみた

100円ショップで購入できなかったものはAmazonさんで調達しました。残りのすべての品が無事見つかりましたよ。さすがAからZまでのAmazonさん。購入した商品とお値段はこちら。

(1) 防災非常用LEDライト・・・3,240円
(2) 災害備蓄用5年保存水 500ml×4本・・・102円×4  408円
(3) 5年保存カンパン 110g×3個・・・205円×3  615円
(4) 食品加熱袋×1・・・食品加熱袋と加熱材セットで 870円
(5) 加熱材×3・・・同上
(6) 非常用簡易トイレ ×3個・・・367円
(15) 水のいらないシャンプー・・・456円

グッドデザイン賞の30点セットで注目されていた「携帯電話充電ダイナモ多機能ライト」ですが、Amazonで買ったライトのスペックはこちら。

IMG_2926

・携帯電話充電機能 USB、マイクロUSB付属。お手持ちのUSB充電ケーブルを使ってiPhoneやスマホ充電も可能。
・15球LEDライトでめちゃ明るい。
・FM・AMラジオ
・非常サイレン ライト点滅機能つき
・3種の電源に対応。手回し発電/USB充電/単三電池2本(別売)

ライトに関しては、こちらのほうが多機能で、性能はいいと思います。なにより、電球の数が5倍ですからね。とても明るいです。
IMG_6985

あと、なんだかんだ手回し充電だけの場合、すぐ使えないとか馬力が出ないといった懸念点があるので、3種電源は非常に嬉しい機能。ただし、大きさは倍くらいな上に、電池を使うとなると重さも若干プラスされます。

自作の防災セットはいくらで作れたのか

100円ショップの購入額2,808円とAmazonでの購入額5,956円で合計8,764円!!

意外といい値段しました!ですが、パックに比べると、ライトが高性能なものを購入できました。また、パックの場合、マスク、綿棒、カット綿、絆創膏、等はそれぞれ少数しか入っていないのに対して、自作セットの場合は、量は圧倒的に多くなりました。

バックについては、確かにセットのバックは防火防水と、災害用に作られているのでいいと思います。ですが、みなさんのおうちに、もう使っていないバックはありますよね?それを活かした方が、捨てるよりもいざという時のお供に良くないですか?愛着もあると思いますし。
IMG_5314

まとめ

今回、防災グッズを揃えるにあたっていかに、安く手に入れるかを検証しようとこのエントリーを作るに至ったのですが、それとは別に思ったことがあります。

まず、自分でひとつひとつのものを探しだして用意するのは結構大変でした。セットで買えると、すごく手間が省けますし、それなりに質のいいものがついてきます。ですが、パックで買うと、買ったことに安心してしまい、実際に何が入っているのかあまり知らないままだったりします。

セットになって売っているものを購入することも大事ですが、誰かに用意されたものは、使い方を知らないグッズがあったり、応用すれば別の使い方もできるとは知らずに商品を使いきってしまったり、自分にとって必要なメガネや常備薬が入っていなかったりするものです。ペットがいる方は、ペット用品も一緒に入れる必要がありますよね。

オリジナル防災パックを自分で用意する。という思い、行為そのものが、より防災に対する知識と意識を持って、万が一の際に本当に役立つ防災バックとなるのではないでしょうか?

防災パックをまだ用意していない方も、すでにお持ちの方も是非とも中身や使い方などを再確認しましょう!

 

僕たちのように、自分たちで揃えることが面倒だという人は、防災士が厳選した防災グッズが詰まったバッグもありますよ。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

Supported by Yachiyo Morita

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

上京する人へ!東京歴10年の先輩が伝える繁華街の基本知識

これから上京する人に向けて、同じように地方から都内に出てきて10年目の私が、すこし先輩ヅラして、東京の繁華街について紹介させていただきます。 3月、4月に引っ越しを予定している人は ···続きを読む

光の時代は終わるのか?全国のケーブルテレビを比較する、ケーブルテレビナビ始動。

ちょっと前の話ですが、OCNの光回線が速度制限を行うというニュースが、業界を駆け巡っていました。 光コラボレーションがスタートして、ちょうど1年が経過し、ユーザーがNTTとの契約か ···続きを読む

単身向けの決定版!?LOOOPでんきは、基本料金が無料の電気だった

こんにちわ。引越しラクっとNAVI(@hikkoshinavi)の横川です。 ガスの自由化が始まるよーという話の中で、そろそろ電力自由化から1年経つわけですが、電力自由化が始まる時 ···続きを読む

東京都の「東京防災」ブックが、予想以上に良かった件。

【お知らせ】9月1日より、都内各家庭へ、防災ブック「東京防災」を配布しています!お手元に届きましたら、ぜひご覧ください。http://t.co/e13bJsWtKN — 東京都防災 ···続きを読む

売り切れ続出!! 防災バッグは自作がベストなので、ドン・キホーテで揃えてみた。

熊本の地震の影響で、以前に書いた防災バッグのエントリーが皮肉にも、日の目を見ることとなりました。 防災セットを自作してみて分かった、買って準備をすることよりも大事なこと。 日の目を ···続きを読む

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
電子書籍プレゼント!
マンガで分かる引越しのコツらくっとシスターズ

役に立つ引越し情報をお届けします!

LINE@ 引越しラクっとNAVI

スマホの方は
QRコードを
読み込んですぐに友だち登録が完了!

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新着記事

赤帽
赤帽の料金はなぜ安い? 「引っ越し業者」と「個人事業主」の違いとは?
  「できるだけ安く引っ越しをしたい!」 これから引っ越しを予定されている方、引っ越し業者 続きを読む
引っ越し料金はどう支払う?現金? クレジット? QRコード決済?
引っ越しは高額なお買い物といっても過言ではありません。家族での長距離引っ越しともなるとその額は数十万 続きを読む
引っ越し業者の比較「大手」と「中小」
引っ越し業者の「大手」と「中小」はどう違う? プロが教える比較ポイント
  「引っ越し業者ってたくさんあるけど、どこを選んだらいいの?」 「何が基準?」 「違いは 続きを読む
引っ越しを成功させるためのヒント
体験者の失敗から学ぶ!間違いのない引っ越しをする方法
はじめてのお引っ越しはもちろん『引っ越し玄人』と自負する人も、環境が変わると失敗してしまうことがある 続きを読む
引越し一括見積もりを使うと営業電話にイライラ
【問題解決!】しつこい営業電話を受けない、引っ越し一括見積もりサイト活用法
インターネットの引っ越し一括見積もりサイトに登録したら次から次へと電話が鳴りやまない。引っ越し一括見 続きを読む
引越し完全マニュアル
ページトップ