これで引越し作業が捗る!引越し後のダンボールの処分についてのエトセトラ。

先日、某引越し会社のスタッフが、LINEでナンパした事件をお伝えしました。

その際の、フロントトーク(LINEをしたきっかけ)は、便宜上、ダンボールの回収 についての連絡だったわけですね。

文章を抜き出してみましょう。

夜分にすみません。今日伺った○○引越しセンターの▲▲です!

なぜかLINEの友達になってたので1点お伝えしたいことがあって連絡します!
段ボール回収は、1080円かかるので必要であれば名刺のフリーダイヤルに電話してください。ご自身で処分されても構いません。近くのスーパー等に回収している所があると思うので。
よろしくお願いいたします。

そしてこの後、友達になってくれませんか?という流れにつながるわけですが、LINEの始まりは、こんな感じでした。

そもそも、なぜかLINEの友達になっていたという時点で不自然ですが、ダンボール回収についての記述は、その通りです。

そんなの現場で伝えておけよ。と言いたくなるような内容ですが、まあ、伝えてしまうと、このフロントトークが使えなくなるので、この方にとっては、いつもの手口なのでしょう。

 

しかしながら、このフロントトークにも書かれているダンボール回収。特に、この時期のダンボールの回収は、かなり厳しいです。引越し会社は、引越し業務に追われており、サービスで回収などは、正直やりたくありません。

ですから、引越し会社はご自身でのダンボールの処分をお勧めしてくるでしょう。

では、ユーザーとしては、どうやって廃棄するのがいいのでしょうか?

今回は、ダンボールの処分についてご紹介しましょう。

資源ごみとして捨てる

一番、オーソドックスな捨て方としては、自治体が回収する資源ごみとして処分する方法ですね。別段、お金もかかりません。ですが、処分できる曜日が決まっていますので、それまでは待つ必要があります。

単身の場合は、問題ありませんが家族の引越しで、大量にダンボールが出る場合、自治体によっては処分費用が必要なケースもありますので、ご自身の自治体で調べてみてください。

新居の自治体+ダンボール+処分

でグーグル先生に聞けば出てきますよ!

引越しの予定がある人にあげる

僕がオススメする方法はこれです。

もらう人は、無料で引越し用のダンボールをゲットできますし、あげる人も無料で処分することができます。

いわゆる、win-winの関係ですね。

ただし、郵送などすると、大きいのでコストがかかってしまいます。ですから、直接引き取ることができるエリアに絞られます。

 

そんな、都合よく引越しする人なんて、見つからないよ!と思いますよね?

ですが、日本には、年間で約500万人が市区町村間の移動を行います。

 

0228008
(出典:総務省統計局データより)

 

この500万人には、同一市内の移動は含まれていませんので、それを含めると、もっと多くの人が引越しをしています。

 

そして、日本の人口は、2016年2月1日の概算値で、1億2681万人が日本にいると推計されています。

 

0228009
(出典:総務省統計局データより)

 

ざっくりと計算すると、

500万/12600万=約4%

つまり、約4%の人が1年のどこかで、お引越しをしていると推測されます!

4%=1/25ですから、25人のお友達がいれば、理論上、誰かは引越しをしている と言えます。

TwitterやFacebookがあるので、自分が引越しをすることをアピールして、不要なダンボールでるから、あげるよ!引越し代金が安くなるよ!ということを伝えることができれば、意外と簡単に見つかるかもしれませんよ!

人にあげることのさらなるメリット

人にダンボールを提供することは、単なる処分費用がかからない。というだけでなく、もうひとつ大きなメリットがあります。

それは、

お渡しする日までに、ダンボールを 片付ける ということです。

引越し後、疲れ果てて、持ってきたダンボールが1ヶ月以上放置されることも、引越しのあるあるネタです。

人の心は、弱いもの。

ですから、期日を決めて、この日までにこの数量のダンボールをあげるためには、新居でダンボールから荷物を出して、片付ける必要があるのです。

まとめ

0228010

そんなわけで、この時期、引越しする人が多いので、使用後のダンボールが大量に発生します。

リサイクル、エコロジーの観点で見ても、使用済みのダンボールをもらって、再利用することは、財布にも優しい、全員にとってハッピーな方法です。

可能であれば、ソーシャルで発信し、お引越しのダンボールをあげたり、引き取ったりしましょう。

また、25人以上お友達がいない人は、ごめんなさい。(涙)

 

ちなみに、最後の画像は、2月3日に引越しを行った、僕のデスクの隣の画像です(本日は、3月12日)。まだ7箱も残っています・・・お前に言われたくないよ。と言われるのは理解しています。自戒の念もこめてのエントリーでした。

本日は、以上です。

著者投稿者 横川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連キーワード

引っ越しマニュアル電子書籍プレゼント
ページトップ

引越し一括見積もり(無料)