「引越しマエストロのお引越し。」Vol.4:引越し見積もり比較サイトを攻略せよ!なぜ、最初に出た見積もりから料金が大幅に変わるのか?10社以上と話をして調べてみた。

ついに始まりました、引越しマエストロのお引越し。ちょうどお引越し希望日の2週間前となりましたので、見積もりを取り始めました。

実は、このエントリーで、引越し比較サイト、引越し予約サービス、訪問見積もり代行サービスの3つをまとめる予定だったのですが、あまりにも、比較サイトについてのボリュームが大きくなってしまったので、急遽比較サイトのみのエントリーに変更しました。

比較サイトの利用を検討している人向けに、どんな状況になるのか?どんな対応をしなきゃいけないのか?どういう人に向いているのか?を同じ業界の人間として、本気で考えてみました。

では、早速どうぞ。

引越し比較サイトで見積もり依頼をしてみる

引越し比較サイトは、とにかく電話攻撃が半端じゃないことで有名なので、見積もりを依頼する際に、メール対応希望の旨を伝えておきます。

それでも電話してくる引越し会社があるだろうな。と思いながらも、興味本位で、夜の12時17分に登録してみました。

すると、瞬く間に7通ほどのメールが届きました。

0271001

ですが、電話は大丈夫。深夜に引越し見積もりの電話がなることはありませんでした。メール対応希望の文字が響いたのか、非常に簡単でした。

まあ、深夜でも電話してくることで有名な2社が今回の見積もりでは含まれていなかったので、その影響かもしれません(笑)。

 

ですが、ここからが問題です。各引越し会社ごとに、いろいろと見積もりを出してくれているのですが、果たして、これが同じ条件なのかが、わかりません。

書き方も各社ごとにバラバラなので、どこを見れば書いてあるのか?それとも書いていないのか?を確認する必要があります。

 

今回、比較サイトの荷物リストにない荷物は備考欄に書きました。また、エアコンの取り外しと、新居での取り付けも希望なのですが、各社の見積もりには反映されていません。

さらに、午前中の作業を指定したのですが、それも書かれていたり、書かれていなかったり。。。

そして、不用品の処分もお願いしたいのですが、どこに書いていいやらで、見積もりには一切反映されていないので、個別に確認が必要になりました。

 

ここで、各引越し会社から、メールででてきた最初の見積りを一覧でまとめてみました。

A引越し会社:見積もりは記載なし。自社サイトへの誘導がすごい。
B引越し会社:35,000円〜 時間指定、エアコン工事、不用品処分の記載なし。
C引越し会社:34,100円〜 時間指定、エアコン工事、不用品処分の記載なし。
D引越し会社:12,000円〜 時間指定、エアコン工事、不用品処分の記載なし。
E引越し会社:26,000円〜 時間指定、エアコン工事、不用品処分の記載なし。
F引越し会社:見積もりは記載なし。訪問させてください。
G引越し会社:32,000円〜 エアコン工事、不用品処分の記載なし。
H引越し会社:見積もりは記載なし。訪問させてください。
I引越し会社:29,800円〜 時間指定、エアコン工事、不用品処分の記載なし。
J引越し会社:32,400円〜 時間指定、エアコン工事、不用品処分の記載なし。
K引越し会社:16,000円〜 詳細不明。2トン車積切

ここで、各社、見積り金額が、16,000円〜と、「〜」が付いていますが、これは確定した金額ではないということです。つまり概算価格です。

 

各社、書かれていることは、自己申告した荷物に対しての見積りです。ということだけ。それ以外は一切運びません。追加料金が発生します。という内容になっていました。

ですが、荷物リストに入っていない家具や家電は備考欄に書くので、備考欄に書かれたものが見積もりに含まれていないとなると、全く比較のしようがないので、各社に電話をして同じ条件に揃えてみました。

そして、概算金額ではなく、確定した金額で見積もりをお願いしました。

 

その結果が、こちら。

A引越し会社:見積り記載なし → 71,000円(税抜)
B引越し会社:35,000円 → 61,000円(税抜)
C引越し会社:34,100円 → 73,000円(税抜)
D引越し会社:12,000円 → 48,000円(税抜)
今日中に決めてくれれば、47,000円まで下げます。とも言われました。
E引越し会社:26,000円 → 66,840円(税抜)
F引越し会社:訪問でないと、見積り出せない。
G引越し会社:32,000円 → 47,500円(税抜)
他社の状況を伝えると、D社よりも500円下げた提案をされました。
H引越し会社:訪問でないと、見積り出せない。
I引越し会社:29,800円 → 49,800円(税抜)
J引越し会社:32,400円 → 72,800円(税抜)
K引越し会社:16,000円 → 60,000円(税抜)

各社、見積り金額、大幅アップ!!

もともとの提示金額が安い引越し会社が、確定した見積もり後も、安いわけでもなさそうです。

 

どうやら、システム上、エアコン工事や午前指定などは見積もりに反映されないまま、見積りメールが送信されているようです。

前述の通り、備考欄に記載したものも、含まれていませんし、家具のところに項目がないものは、一切、見積りには含まれていないことがわかりました。

 

つまり、荷物リストにないものをいくつも持っている場合、ほとんど意味のない見積りが出ることになります。

結局1社あたり、15分〜20分間の電話をして、詳細の確認をしなくてはならないので、10社分だと、150分〜200分です。。。

僕は、意地になってここまでやりましたが、普通の人は、多分どこかで心が折れると思います。だって、各社に電話をすると、結局荷物量の確認が入るんです。持っていくものを入力したのに、全部確認されて、さらに備考欄に書いたことを伝えて。。。時間がもったいない。

今回は、僕の個人情報が、11社へ転送されましたが、この中で、名前を知っていた引越し会社は、1社だけ でした。

まあ、大手だから大丈夫とか、安い金額が出るわけでもないのですが、せっかく比較するならば、ある程度の大手の引越し会社も含めて見積もりを取りたいですよね。

こんな人には合うと思う、引越し比較サイト

0271004

じゃあ、完全にダメなのか?というと、そうとも言い切れなくて、このシステムに合う人もいると思います。

 

・荷物リストにある荷物しかない人

荷物リストにあるものしか持っていなければ、見積もり金額が変わることは少なそうです。

 

・時間指定をしない人

時間指定が見積もりには反映されていないので、フリー便でも構わない人は、良さそうです。
とはいえ、ただ単に、少しでも安い見積もりを見せるために、時間指定があっても、勝手にフリー便で見積もりを出している可能性もあります。

 

・オプションを追加しない人

エアコン工事、梱包開梱、不用品処分などの、どこの引越し会社でも有料のオプションを追加しない人であれば、見積もり金額が変わることは少なそうです。

 

・引越し会社のブランドにはこだわらない人

たまたまかもしれませんが、大手の引越し会社は1/11でした。別に大手にこだわらず、お安い引越し料金ならば、どこの引越し会社でも気にしないよ。という人には、いいと思います。

 

以上の条件に当てはまりそうな場合は、比較サイトを利用して出てくるメールの料金から大幅に金額が変わることは少なそうです。ですから、比較サイトを利用してみてもいいと思います。

ここからが勝負

こうやって、各社の見積もりが出たら、ここからが勝負です。

引越し会社の各社から、その後どうですか?とか、今日決めてくれれば、もう少し安くしますんで。とか、電話連絡がたくさん入ってきます。

まあ、メールの内容をもとに、こちらから”釣られて電話した”わけですから、メールに対して、全く反応しないお客様に比べれば、受注の可能性が上がりますし、引越し会社も必死です。

 

さすがに深夜に電話がかかってくることはありませんでしたが、結構、電話はなります。攻撃を受けるのが苦手な人は、心しておきましょう。

そして、この中からある程度目星をつけて、さらなる料金交渉を行うことになるのかと思いますが、今回は別のアプローチでも見積もりを取っていますので、今の段階では、引越し会社を決定しません。

 

このあたりについては、別のエントリーでまとめますが、それよりももっと皆さんに伝えたい ネタが 出来事がありましたので、ここから先を是非、ご覧いただきたいです。

引越し会社から電話攻撃はなかったが、比較サイトから攻撃がすごい

前述の通り、引越し比較サイトで申込みをした時点で、「メール対応希望」を書いています。

その結果(かどうかわかりませんが)、ある引越し会社が1社だけ1時間に1回、電話がかかってくるという、嫌がらせのような電話攻撃がありましたが、それ以外の引越し会社からの電話攻撃は、さほど厳しくなく、落ち着いて見積もりのメールをチェックすることができました。

 

ですが、それよりも回数が多かったのが、引越し比較サイトからの電話攻撃 だったのです。

これを見てください。留守番電話や、濃いモザイクになっているのは、引越し会社です。

0271002
0271003
(武士の情けで、番号にはモザイクを入れました)

引越し会社からの電話以外は、3つほど電話番号がありますが、全て引越し比較サイトの運営会社からの電話でした。

内容は、新居での「インターネットの手配について。」「エアコンの工事について。」の電話です。

 

確かに、比較サイトで申込をした時に、そういったサービスがあったことは認識しています。ですが、今回は一切、サービスを申し込んでいないにも関わらず、連絡してきました。

電話に出たオペレーターに、「なぜ希望していない人間に連絡するのか?」と聞いても、「弊社のサービスで。」としか言いません。

あなたの会社は、希望していないサービスを押し売りするのか?と聞いても、「二度と電話はしません」とだけで、希望していないサービスの押し売りに対しての謝罪がありません。

なんで電話したのか?についてもまともに返答がありません。個人情報の二次利用じゃないですか?と聞いても、「二度と電話はしません」しか言えません。

 

しかも、同じ番号じゃなくて、複数の番号でかかってくるので、うがった見方をすると、

いろんな引越し会社から連絡が入るタイミングに合わせて、どさくさに紛れて、頼んでもないサービスを押し売りしているように思われても仕方ありませんよね。

これを中小のベンチャーがやっているなら、生き残るために必死だな。とも思えますが、大手の上場企業がこの状況なんて、引越し比較サイトの品格を下げているだけだと思います。

最後に

実は、この比較サイトを使ってみた。というエントリーは、このブログ開始当初から、考えていました。

ですが、ブログのネタのためだけに、見積もり依頼をすると、僕の個人情報を買った引越し会社に対して、申し訳ないので、これまで一切やってきませんでした。

ところが、今回、実際にお引越しをすることになったので、依頼する可能性もあることから、比較サイトを利用してみましたが、真面目に対応してくれる引越し会社の人たちが、かわいそうに思えるほど、比較サイトの電話攻撃は酷かったです。

 

あと、比較サイトの電話の人たちは、一切、留守番電話を残しませんでした。留守番電話に残しているのは、引越し会社の人達だけです。

留守番電話に残すと、頼んでもいないサービスを勝手に押し売りしていることがバレて、不意打ちが実らない事を知っているのでしょう。

 

まだまだ、歪んだ世界であることを、さらに痛感しましたし、こんなサービスが成り立っている時点で、私たちの提供する引越しラクっとNAVIのサービスが絶対に負けないことも再認識できました。

本当に、ありがとうございましたでござる。

 

こんな嫌な思いをしたくない人は、絶対に引越しラクっとNAVIをご利用頂いた方がいいですよ。

サポートセンターと、やり取りをするだけで、各引越し会社から概算ではない、確定の見積もりが出てきますし、何より、無許可でインターネットやエアコンの案内をすることはありません。

皆さんも僕のように、新生活のスタートをする手前で、無駄に、嫌な気持ちにならないように、気をつけましょう。

次回は、他の見積もり取得との比較をしてみたいと思います。

本日は、以上です。

これまでの引越しマエストロの引越しシリーズは、こちら!

「引越しマエストロのお引越し。」Vol.0:賃貸は恋愛だ。売買は結婚だ。なんてことを考える。
「引越しマエストロのお引越し。」Vol.1:僕が退居日が決まった後に最初にしたこと。
「引越しマエストロのお引越し。」Vol.2:お部屋探しは、ネットか対面か。
「引越しマエストロのお引越し。」Vol.3:内見に行って、わかったこと、気づいたこと、確認できたこと。

著者投稿者 横川
ページトップ