「引越しマエストロのお引越し。」Vol.5:モバイルルーターがいいのか?光がいいのか?スマホ保有者のインターネット環境を考察してみる。

0272002

引越し業者を決めている途中ではありますが、引越しの際は、やることが多いのです。

今日は、昨日のエントリーでも営業を受けた、インターネットについて考えてみたいと思います。

まずは、自分のインターネット利用状況を知ろう

引越しの見積もりと同じで、人それぞれ、ネットとの繋がり方が違うので、万人に対しての明確な正解はありません。

 

例えば、パソコンを持たずに、スマホのみ。という人は、固定回線を引く必要はあまりないと思います。

パソコンは使うし、タブレットも使うけど、それほど使用頻度が多くない場合、持ち運びできるモバイルルーターが選択肢に入りそうです。

 

僕の場合は、かなりのネットに依存している方の人間だと思います。家では、スマホ、タブレット、パソコン、テレビあたりがネットに繋がっています。

ほぼ毎日、Abema.TVは見ているので通信量もそれなりにあります。

 

ですから、固定回線がいいのかな?と思うのですが、モバイルルーターでも十分かな?とか思ったりするわけです。

で、ここまでは、自分でわかるのですが、ここから先をどうしたらいいのか?考えなきゃいけないわけですね。

そして、入居してすぐに利用するのであれば、引越し見積もりや作業で忙しい最中に考えなくてはならないのです。

モバイルルーターと光回線を比較してみる

とはいえ、いろいろ考えても、結局のところ

 

1)ネット契約しない(スマホのみ)
2)モバイルルーター(持ち運びできる)
3)固定回線(光回線 or CATV)

 

もう、この3つの手段に集約されるんですよね。

でもって、1番の場合は、特に悩む必要もないので、2、3で考えてみます。

 

個別の光回線(biglobe光とか、so-net光とか、OCN光とか)や、CATVについては、一旦無視して、光回線か、モバイルルーターかを比較してみるのが、分かりやすい。

モバイルルーターの月額料金はいろいろとプランがありますが、WiMax2のデータ量の上限なし(ただし、3日で3Gの縛りがあるので、実質30G程度です)のプランで、4,380円。これをベースに考えます。

ワイモバイルのポケットWifiもありますが、こちらは、5Gの制限があるので、一旦見送ります。

 

続いて、光回線です。biglobe光の場合、新規契約で3,500円(マンションタイプ) or 4,600円(ファミリータイプ)です。

つまり、マンションタイプであれば、光の方が安いし、ファミリータイプであればモバイルルーターの方が、安くなります。

それぞれの特徴を考える

0272001

料金がわかったことで、それ以外の部分の確認もしてみましょう。

WiMAXの最大のメリットは、持ち運びができる。ことにあります。

デメリットは、利用の度に電源を入れる必要がある。

このデメリット、そんなことかよ。と思うかもしれませんが、利用の度に電源を入れるパソコンと、ボタンひとつですぐに利用できるスマートフォン。この差は、大きいとのは歴然ですよね。

事実、我が家に、スマホ、タブレットが来てからは、パソコンの起動回数が、激減しました。

つまり、そうゆうことです。

 

固定回線の最大のメリットは、通信の安定性にあると思います。

モバイルルーターは、お部屋のどこに設置するかで、拾う電波の強さが変わります。建物の状況によっては、窓際に設置しないと電波を拾わないケースもあります。

ですが、固定回線はそういったこともなく、ある程度、安定してネットワークに繋がることができます。

ここで、ある程度と前置きしたのは、マンションタイプの場合、その建物で利用しているユーザーで、一つの回線を割りますので、たくさんの人が利用している時間帯は、通信速度が遅くなることがあります。

最近は、動画配信をする人も増えているので、一人が多くの通信量を使っていると、他の人の通信速度に影響が出ることがあります。これは、同じ建物の住人によるので、対応や対策はありません。

というわけで、表にすると、こんな感じです。

メリットデメリット
固定回線通信が安定している外では利用できない
モバイルルーター外で利用できる通信が安定しない

現在利用している契約をどうするか?

今のお部屋でインターネットを利用している場合、この契約をどうするか?という問題もあります。

僕の場合は、今のマンション独自のネット設備だったので、引越し=解約となります。ですから、新居でネットを使う場合は、新規契約になることが確定します。

僕は新規契約しか選択肢がありませんでしたが、一般的には、新規契約と、契約を残して転居の手続きをする、2択があると思います。

この場合の特徴もまとめてみると、

メリットデメリット
新規契約安い。
キャンペーンがある。
工事費用がかかる
移転手続き工事費用がかからない月額が新規より高い場合がある

まあ、最終的には、通信キャリアごとに条件は違うのですが、上記のような特徴があります。

まとめ

で、ここまで考えて、僕が出した答えは、新居でマンションタイプが入っていれば、固定回線を検討し、そうでない場合は、モバイルルーターも検討に入ってくる。という感じです。

本命は、固定回線かなぁ。外なら、テザリングで十分だし。会社もWiFi飛んでるし。

という大まかな方向性を決めることができました。

 

ここまでは、ネット上の料金を確認して、自分の利用環境を考えれば、誰でも簡単に導き出すことができると思います。

ところが、ここに、スマートフォンとのセット割引や、格安SIMなどが入ってくると、途端に難しく、面倒になってきてしまいます。

 

固定回線と決まっても、光回線なのか、ケーブルテレビなのかも選択肢に入ってくると、大変な上に、新居には、マンションタイプが使えるのかどうかが、わからないんですよね。

そこで、こんな時は、引越し先で利用できるインターネット設備を調べて、さらにいろんな環境に対しての相談ができる、サポートセンターの出番が登場です。

 

自社のサービスをこういうのもアレですが、新居で利用できる環境をチェックして、相談できるサポートセンターを用意しました。

しかも、引越しの際の相談専門ですから、現在利用しているインターネット回線の解約方法から、スマートフォンとのセット割引まで、いろいろ聞いちゃってください。

相談のタイミングによっては、キャンペーンが開催されて、特別な条件でインターネットを利用することもできるかもしれません。

 

引越しラクっとNAVIのインターネット設備案内サービスを利用してもらえると、嬉しいです。

本日は、以上です。

 

これまでの引越しマエストロの引越しシリーズは、こちら!

「引越しマエストロのお引越し。」Vol.0:賃貸は恋愛だ。売買は結婚だ。なんてことを考える。
「引越しマエストロのお引越し。」Vol.1:僕が退居日が決まった後に最初にしたこと。
「引越しマエストロのお引越し。」Vol.2:お部屋探しは、ネットか対面か。
「引越しマエストロのお引越し。」Vol.3:内見に行って、わかったこと、気づいたこと、確認できたこと。
「引越しマエストロのお引越し。」Vol.4:引越し比較サイトを攻略せよ!なぜ、最初に出た見積もりから料金が大幅に変わるのか?10社以上と話をして調べてみた。

著者投稿者 横川
ページトップ